現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 「真夜中の12時」のなおてぃが役者デビューを機に新納直に改名

2020年10月24日

「真夜中の12時」のなおてぃが役者デビューを機に新納直に改名



イケメンYouTuberグループ「真夜中の12時」のメンバーとして活躍中の新納侃(なおてぃ)は、このたびの役者デビューを機に、新納直(にいの・なお)に改名することを発表した。

真夜中の12時は、2019月11月にデビューした、馬場健太(けんけん)、新納直(なおてぃ)、相馬理(さとるん)、齋藤天晴(てんてん)、目黒耕平(めぐろっち)の5人によるYouTuber集団。愛称は“まよじゅー”。

メンバーは、元商社マン、日本第1位のラテアーティスト、剣道国体1位、インターン中の大学生、アパレル店員など、個性豊かな経歴を持つ。ディープな初体験談が話題となって、現在、人気急上昇中。

新納の改名のきっかけとなった“役者デビュー”の作品は、「私の卒業」プロジェクトの映像作品。

「私の卒業」プロジェクトは、映画『新聞記者』やドラマ「教場」(フジテレビ系)などを手掛けた制作プロダクション・The iconと小学館が手掛ける、将来有望な若手俳優・女優を選出し、応援していくプロジェクト。

昨年実施された第1期では、160人の中からオーディションで選出された16人が、公開衣装合わせイベントなどを経て、4本の短編ドラマに出演。2020年2月にプロジェクト公式Youtubeチャンネルでの先行配信後、GyaO、TVer、MyDo!での配信、そして、読売テレビにて放送された。さらに、小学館の人気漫画雑誌「ベツコミ」「チーズ!」でのコミック化、グラビアの制作などを実施し、現在までに累計720,000回再生を記録している。

今回、新納は362人によるオーディションを勝ち抜き、第2期生として出演することが決まった。新納はこの作品で、役者としての活動をスタートする。

また、「真夜中の12時」としては、結成1周年を迎える11月20日(金)に、東京・渋谷の「duo MUSIC EXCHANGE」にてイベントを開催。100人限定で会場でのイベントを開催し、同時にその模様をオンラインにて配信する。

新納は「このたび、新たに役者としてのスタートを切るにあたり、『新納直(にいの・なお)』として活動することにいたしました。『直』という名前は本名の『侃』の意味である“素直”から付けました。どんな逆境があっても立ち向かい、真っ直ぐに目標に向かって突き進みたいという思いを込めています」と由来を告白。

また、「モデルとして活動を始めてから、インフルエンサー、YouTuberとさまざまな活動をしてきましたが、同世代の役者の方々が活躍する姿に刺激を受け、この世界に挑戦したいと強く思うようになりました! 今はまず目の前にあるオーディションを通過することが第一目標ですが、特に幼少時代から16年間続けてきた剣道を生かし、殺陣を使ったお芝居や時代劇にも挑戦したいです。これからドラマ、映画とたくさんの方に私の演技を見てもらえるよう、ますます努力したいと思っています。全力で頑張りますので応援よろしくお願いします」とアピールした。

役者という新たなフィールドで飛躍を目指す新納直の今後に期待したい。

「『真夜中の12時』結成1周年イベント」
2020年11月20日(金) 開場19:00/開演19:30 全自由席・整理番号付10,000円(税込・1ドリンク別) 東京・渋谷「duo MUSIC EXCHANGE」にて開催
※未就学児の参加は不可。小学生以上は有料
※オンライン配信の詳細は後日公式SNSにて発表

【問い合わせ】
電話:03-5459-8716(duo MUSIC EXCHANGE)

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索