現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 玉城ティナが新ドラマ「極主夫道」に出演決定!

2020年09月14日

玉城ティナが新ドラマ「極主夫道」に出演決定!

沖縄出身の女優・玉城ティナは、10月11日(日)にスタートする新ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)に出演することが決定した。

「極主夫道」はウェブの漫画サイト「くらげバンチ」(新潮社)に連載中のおおのこうすけの氏の同名漫画を実写ドラマ。原作は「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」にて第2位に輝くなど、累計200万部を突破した話題作だ。

極道の世界から足を洗った男性・龍が、専業主夫として奮闘するドタバタコメディー。龍を玉木宏が演じ、ほか、龍の妻・美久を川口春奈が、龍の元舎弟・雅を志尊淳が、交番勤務の警察官・酒井タツキを古川雄大がそれぞれ演じる。

玉城が演じるのは、強面の龍にも物怖じせずに接していく、純喫茶でアルバイトをする女子大生・大前ゆかり。

出演が決まった玉城は、「以前から原作の名前は知っていたのですが、お話が来た後に原作を初めて読みました。すごく元気が出ましたし、とても面白い作品だと感じました。ゆかりは原作には出ていないのですが、ドラマをさらに面白くするスパイスとなれるよう演じられればいいなと思います。お話を聞いた時は、純粋にうれしかったです」と心境を告白した。

また、ゆかりについて、「周りからは言動がストレート過ぎるように見えてしまうかもしれないのですが、自分の道を真っすぐ進んでいるだけなんです。人の顔色を伺うというより、自分の信念に基づいて生きている女の子かなと思います」と分析。

そして「そうそうたるキャストの方々の中で私も1つのスパイスとなれるよう頑張りますので、楽しんでもらえればと思います。これからまだまだ撮影は続きますが、私も一視聴者として早く見たい気持ちでうずうずしています。早く皆さんに届けたいです。頑張ります」と抱負を語った。

ドラマオリジナルキャラクターとなるゆかりを玉城がどう演じるのか、注目したい。

「極主夫道」
2020年10月11日(日)スタート 毎週日曜22:30~23:25 読売テレビ・日本テレビ系にて放送

原作:おおのこうすけ(新潮社「くらげバンチ」連載中)
脚本家:宇田学ほか
監督:瑠東東一郎ほか
チーフプロデューサー:前西和成
プロデューサー:中山喬詞、小島祥子、清家優輝(ファインエンターテイメント)
共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)
制作協力:ファインエンターテイメント
制作著作:読売テレビ

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索