現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > イケメンYouTuber「真夜中の12時」のさとるんが“チャラゲーマー”に!?

2020年08月28日

イケメンYouTuber「真夜中の12時」のさとるんが“チャラゲーマー”に!?



イケメンYouTuberグループ「真夜中の12時」のメンバーとして活躍中の相馬理が、人気FPS(ファーストパーソン・シューター)ゲーム「レインボーシックス シージ」の新サービス「SQUADFINDER(スクワッドファインダー)」のトレーラーに出演する。

真夜中の12時は、2019月11月にデビューした、馬場健太(けんけん)、新納侃(なおてぃ)、相馬理(さとるん)、齋藤天晴(てんてん)、目黒耕平(めぐろっち)の5人によるYouTuber集団。愛称は“まよじゅー”。

メンバーは、元商社マン、日本第1位のラテアーティスト、剣道国体1位、インターン中の大学生、アパレル店員など、個性豊かな経歴を持つ。ディープな初体験談が話題となって、現在、人気急上昇中。

このたび、メンバーの相馬が、「SQUADFINDER」のトレーラーで、“絶対組みたくない”ダメキャラを熱演している。

「SQUADFINDER」は、本人視点のシューティングゲーム・FPSゲーム「レインボーシックス シージ」を一緒にプレイする仲間を言語、プレイスタイルなどから選んでプレイできるようになるユービーアイソフトの新サービス。自分の実力に見合った仲間を見つけることができ、その後一緒にゲームプレイをすることができるシステムとなっている。

相馬が演じたのは、ゲームの腕前はダメダメにも関わらず、“俺は最強”と調子に乗る「レインボーシックス シージ」のプレイヤー。

ゲーム好きには、「確かにこんな人いそう…」「こんな人とチーム組んだら最悪…」と言われそうなダメキャラを演じ切り、「このサービスを使わないと、こんな人と同じチームになってしまうよ」という逆説的にこのサービスの必要性を見事に伝えている。

相馬は「かなりお調子者の役で癖のあるしゃべり口調に少し苦労しましたが、よく笑うところは僕とも共通していて、インパクトのある赤髪など新たなキャラへのチャレンジを楽しみながら演じることができました。メイクさんと真っ赤になりながら髪の毛にスプレーして、家に帰ってから顔を拭くたび真っ赤になったのもいい思い出です!」と振り返った。

また、「オンライン上で出会った人たちに協力してもらえるので、シージプレイヤーの方々には、ぜひこのサービスを活用して、より日々のプレイを楽しんでいただけたらうれしいです! 僕も今回トレーラーの出演を機に、本作に挑戦してみたいと思います!」とコメントを寄せた。

なお、今回、映像を撮影したのは、映画『想影』やサウンドシネマ『深海くんと月影ちゃん』の加藤慶吾氏。撮影は島田貴仁氏が務めた。

相馬の新境地キャラとも言えるトレーラーをチェックしよう。

「SQUADFINDER(スクワッドファインダー)」トレーラー
https://youtu.be/RzlwHb5c-Fg

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索