現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 玉城ティナが山田杏奈とともに新ドラマ“荒乙”でW主演が決定!

2020年07月30日

玉城ティナが山田杏奈とともに新ドラマ“荒乙”でW主演が決定!

玉城ティナ/Ⓒ岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS

玉城ティナ/Ⓒ岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS



沖縄出身の女優・玉城ティナが、9月8日(火)にスタートする連続ドラマ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」(MBS・TBS)で、山田杏奈とともにダブル主演を務めることが分かった。

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」は、岡田麿里氏(原作)、絵本奈央氏(画)のコミックを実写ドラマ化。文芸部に所属する女子高校生5人を描く群像劇。

変わり者の多い文芸部は他の生徒からは「掃き溜め」と揶揄され、部員は皆、色恋沙汰とは縁遠い学生生活を送っていた。

ある日、文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていた時、部員の一人が投じた「セックスです」という発言で、その瞬間から、これまで目を逸らしてきた自らを取り巻く”性”に向き合い、”性”に振り回される日々が始まる。

玉城は、学内でも噂の美少女で、大人びてミステリアスな雰囲気を醸し出す菅原新菜を演じる。文芸部の語り合いの中で「セックスです」のひと言を投じた張本人。

もう一人の主演、山田が演じる小野寺和紗は、いわゆる“ザ・普通”の妄想女子。幼なじみの典元泉との“とある事件”をきっかけに、ますます性に思い悩み始める文芸部の高校1年生だ。

主演に抜てきされた玉城は、「脚本を読んだ時に一番新菜に共感しました。彼女の突拍子のなさ、かわいらしさ、冷静さ、奥底に抱える矛盾を、一つひとつ取り出していきながら、しかし、異質な存在ではなく、あくまでも一女子高生として描ければと思っています。文芸部、私も学生だったら入りたかったな」とコメントした。

一方、山田は「和紗は戸惑いながらも真っ直ぐ進んでいく様がとても魅力的な子だと思いました。十代の一瞬のゆらぎを、勢いを大切に、かつ柔軟に表現していきたいです。個性豊かで愛らしい文芸部員たちの『荒ぶる』様をぜひ楽しみにしていてください!」と語った。

この2人が所属する文芸部の部長・曾根崎り香を横田真悠が、小野寺和紗の大親友の文芸部員・須藤百々子を畑芽育が、そして、自身で小説も執筆し謎の作家オーラを醸し出す文芸部2年・本郷ひと葉を田中珠里がそれぞれ演じる。

そして、原作の岡田氏は「80年代に放映されていたような、ちょっとエッチでお馬鹿な青春テレビドラマ……を、漫画でみてみたい! というのが、荒乙の出発点でした。それが実際のテレビドラマになるなんて、不思議な気持ちです。熱意ある監督やスタッフの皆さんに恵まれ、そしてキャストの皆さんが役柄にぴったりすぎて…思わず変な声が出てしまいました! 皆さまにもぜひ、テレビの前で変な声をだしていただきたいです」とコメントを寄せた。

MBS・TBSでの放送終了後から、TSUTAYAプレミアムにて独占配信も決定。“荒乙”の世界観が実写ドラマでどう表現されるのか、楽しみだ。

「ドラマイズム『荒ぶる季節の乙女どもよ。』」
2020年9月8日(火)スタート 毎週火曜24:59~(TBSは毎週火曜25:28~) MBS・TBSにて放送

原作:岡田麿里/漫画:絵本奈央(講談社「別冊少年マガジン」所載)
出演:山田杏奈、玉城ティナ、横田真悠、畑芽育、田中珠里ほか
監督:酒井麻衣、井樫彩、水波圭太
脚本:岡田麿里
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:カルチュアエンタテインメント・MBS

山田杏奈/Ⓒ岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS
横田真悠/Ⓒ岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS
畑芽育/Ⓒ岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS
田中珠里/Ⓒ岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS
絵本奈央氏作のドラマ化お祝いイラスト/Ⓒ岡田麿里・絵本奈央、講談社

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索