現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】「ヒルトン沖縄北谷リゾート」で地元農家応援フェアを開催!

2020年07月04日

【沖縄】「ヒルトン沖縄北谷リゾート」で地元農家応援フェアを開催!



沖縄・北谷町(ちゃたんちょう)のリゾート「ヒルトン沖縄北谷リゾート」では、7月4日(土)から、土日祝限定で食のフェア「with 沖縄 ちばらな!うちな~!フェア」を開催する。期間は、8月30日(日)まで。

「with沖縄 ちばらな!うちな~!フェア」の「ちばらな」は「がんばろう」、「うちなー」は「沖縄」を表す沖縄の言葉。

これまで沖縄の食を支えてきた地元農家とともに、「新型コロナウイルス感染症を乗り越えて沖縄県全体に活気を戻していきたい」という気持ちを込めて開催される、地元の食材を使った創作メニューが並ぶフェア。

料理は沖縄の食材を使用しているだけではなく、鮮やかな彩りと沖縄の夏を感じさる旬の食材が厳選されている。

「カツオの叩きとハンダマのサラダ、ゴーヤーと黒オリーブのソース」は、沖縄で古くから不老長寿の葉と言われてきたハンダマと、宜野座村(ぎのざそん)の農家・大城氏が育てたベビーリーフ、沖縄県産のゴーヤーが使われ、洋風ソースで仕上げた一品。

また、カラフルな色合いが夏らしい「沖縄夏野菜の甘みとトマトの冷製パスタヘルシーサラダ」には、オクラやゴーヤーに加え、期間内に県内で収穫される夏野菜などを追加する予定。

ほか、「沖縄月桃の香りがのったローストビーフ」「沖縄県産ポークを使った特製カレー」「低温でじっくり火入れしたローストビーフ」「沖縄月桃の香りをのせて」「野菜と豚バラ肉のせいろ蒸し、韓国風ソースと白ゴマのソース」「沖縄県産ポークを使ったスリユン特製カレー」「ゴーヤーと豚バラ肉の焼きそば」など、沖縄のローカル食材の魅力を最大限に楽しめるメニューがそろう。

開催場所となるビュッフェレストラン「スリユン」の料理長で、沖縄県出身の玉城孝彦(たましろ・たかひこ)氏は、先日、統括総料理長の留目則夫(とどめ・のりお)氏とともに、でベビーリーフ農家の大城氏を訪れ、県内農家が直面している窮状を知ったという。

玉城氏は「新型コロナウイルス感染症の影響で観光客が激減し、沖縄全体が大打撃を受けましたが、家族の繋がりやご先祖様を大切にする文化を持つ私たち沖縄県民にとって、親族の集まりや慰霊の行事なども自粛せざるを得ない事態が追い打ちをかけ、精神的にも苦しくなっています。こんな状況の中で、沖縄県のみなさまのために我々には何ができるかを模索しました」とコメントした。

土日祝限定開催となる同フェア。リゾートで地元の恵みを満喫しよう。

「with 沖縄 ちばらな!うちな~!フェア」
2020年7月4日(土)~8月30日(日)の土日祝 沖縄・北谷町「ヒルトン沖縄北谷リゾート」3階「スリユン」にて開催

【料金】
ランチビュッフェ:11:30~15:30(L.O.15:30)※90分制
大人2,600円/子供(6~12歳の小学生)1,700円
※未就学児は無料
※税金およびサービス料別
ディナービュッフェ:17:30~22:00(L.O.21:30)
大人3,600円/子供(6~12歳の小学生)2,350円
※未就学児は無料
※税金およびサービス料別

【予約】
https://www.hiltonchatan.jp/plans/restaurants/buffet/suriyun_2007

【注意】
※表示料金には別途を加算

【ヒルトン・クリーンステイ対策】
・席数を211席から146席に変更、十分な距離を保った空間を用意
・飛沫感染防止のため、入口カウンターおよびゲストとキッチンスペースとの間にアクリルパネルを設置
・料理によっては一人用の盛り付けで提供
・食事を取るトングは15分に1度交換・消毒
・スタッフはマスクと手袋を着用
・入店時はゲストに消毒スプレーの使用と検温への協力を依頼
・ビュッフェラインで食事を取る際にはマスクと手袋の着用を推奨
・マスクと手袋はレストランにて用意

「カツオの叩きとハンダマのサラダ、ゴーヤーと黒オリーブのソース」
「沖縄夏野菜の甘みとトマトの冷製パスタヘルシーサラダ」

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索