現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > YouTubeサウンドドラマ「深海くんと月影ちゃん」に鈴鹿央士×蒔田彩珠&織部典成×伊原六花が出演!

2020年06月01日

YouTubeサウンドドラマ「深海くんと月影ちゃん」に鈴鹿央士×蒔田彩珠&織部典成×伊原六花が出演!



YouTubeにて配信中のサウンドドラマ「深海(ふかみ)くんと月影(つきかげ)ちゃん」の第2弾&第3弾に、鈴鹿央士×蒔田彩珠、織部典成×伊原六花の出演が決定した。

「深海くんと月影ちゃん」は、完全リモートで収録される全5話の短編ドラマ。1シーズンごとに異なるキャストがキャラクターの声を演じる作品で、現在配信中のシーズン1では、醍醐虎汰朗と今泉佑唯がW主演を務め、好評を博している。

深海くんと月影ちゃんの2人による会話劇で、高校生の日常を題材としながらも、現実にはありえないような出来事が続発する。本編ではエンドロールでのみ、2人の姿を見ることができていたが、リモート収録中の2人の貴重な姿を見ることができる「シーズン1ダイジェスト映像」も先日公開された。

6月1日(月)の18:00から配信されるシーズン2は、雑誌「MEN’S NON-NO」(集英社)の専属モデルで、映画『蜜蜂と遠雷』で第43回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した鈴鹿央士が深海役、南沙良とのW主演作『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で第43回報知映画賞新人賞などを受賞した蒔田彩珠が月影役を務める。

6月15日(月)の18:00から配信されるシーズン3は、「劇団番町ボーイズ☆」のメンバーで、映画『僕が君の耳になる』の主演が控える織部典成、「バブリーダンス」で一躍有名となったダンス部の元キャプテンで、「NHK連続テレビ小説『なつぞら』」にも出演した伊原六花が登場する。

鈴鹿は「作品に関わる方々と直接会うことなく、リモートで全ての収録をするということはとても新鮮で楽しかったです! 蒔田さんも初めましてでしたが、皆さんの雰囲気や脚本の面白さもあって、笑いながら楽しく収録させていただきました。初めて本を読んだ時は、『こんなことが起きるのかー!』と驚き、思わず笑ってしまいました。観てくださる皆さんの、何か楽しみになるといいなと思っています」とコメント。

蒔田は「声のお仕事の経験が少なく、リモートでの収録も初めてだったので、最初はとても緊張しました。でも、収録を進めていくうちに、深海くんと月影ちゃんの微笑ましい関係性や、深海くんの面白いセリフに監督たちと笑いをこらえたりしていると、すぐに緊張がほぐれていきました。対面して撮影ができない今、こういった形で作品に携われたことが、とても嬉しかったです。いつか鈴鹿さんや監督たちと、直接お会いしたいと思いました。耳で聞いて、想像しながらお楽しみください」と告白。

また、シーズン3の織部は「今の大変な状況の中で、僕に何ができるか悩んでいた時に、僕が所属しているグループ『銀河団』のMVでお世話になった加藤さん、小向さんからこのお話を頂き、本当に嬉しかったです! 今配信されている『深海くんと月影ちゃん』を見てこの世界観とキャラクター、テンポ感が大好きでした。シーズン1、シーズン2に負けない、僕と伊原さんならではの作品を作れるように頑張ります。普段はボケることが多いのでツッコミに少し不安がありますが、僕らしさ全開の深海くんを作りたいと思います! 1人でも多くの人を『深海くんと月影ちゃん』ワールドに引きずり込みたいと思っていますので(笑)、ぜひ皆さん配信を楽しみに待っていて下さい!」とアピール。

伊原は「今までにない環境だから、新しく挑戦できる完全リモートでの会話劇。声を聴いて、イラストを見て想像して、ワクワクできる、そんな素敵な企画に参加させて頂けて、すごく嬉しいです」と語った。

監督を務めた加藤慶吾氏と小向英孝氏は「新型コロナ感染防止のために、テレビ会議アプリZoomを使用して遠隔で収録しています。慣れない作業に苦闘しながら、若い役者のエネルギーで今回も全力で演じてくれました」とコメントするなど、収録は苦労も多かったそう。

2人の音声を通して、想像が刺激される“「深海くんと月影ちゃん」ワールド”を堪能しよう。

鈴鹿央士
鈴鹿央士
蒔田彩珠
蒔田彩珠
織部典成
織部典成
伊原六花
伊原六花

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索