現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 小劇場の再開を支援するクラウドファンディングがスタート

2020年05月23日

小劇場の再開を支援するクラウドファンディングがスタート



沖縄・那覇市の小劇場「アトリエ銘苅ベース」などが所属する全国の小劇場のネットワーク「全国小劇場ネットワーク」は、5月20日から、「【地域と共に歩む文化拠点】全国の小劇場の『再開後』にご支援を」と題してクラウドファンディングをスタートした。

全国小劇場ネットワークは、 2017年に那覇市で開催された 「全国小劇場ネットワーク会議」を出発点に活動を開始した、民間小劇場の運営者による全国的なネットワーク。

ネットワークに参加する劇場は、それぞれの地域と有機的に関わりをもちながら、 民間からの公共的活動として劇場の役割や活動のあり方においてもクリエイティブな試みを実践していくことを共有している。2020年5月現在、19都道府県の36劇場が参加している。

今回の新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言をうけて、全国の小劇場は一時的に閉館を余儀なくされた。公演によるチケット代で成り立つ小劇場において、劇場の閉鎖はまさに劇場や劇団の存続にかかわってくる。

緊急事態宣言が解除され、“ニューノーマル”な生活様式、社会のあり方が問われる中、小劇場の再開を進めていく過程でも、「密閉」「密集」「密接」のいわゆる“3密”を防ぐなどウイルスや感染予防への対策は必須。

そこで、全国小劇場ネットワークの事務局は、「劇場が舞台芸術の実演家・技術者と共に活動していくための支援を、持続可能なあり方を念頭に行う」という目的で、税制優遇が受けられる寄付型のクラウドファンディングを実施する。

小劇場は、日本の演劇・舞台芸術シーンにおいて、時代を画すさまざまな表現を生み出してきた場所。小劇場を失うことは、貴重な地域資源を失うことを意味する。地域文化の発信拠点である小劇場や劇団、関係スタッフの活動存続に多くの支援が期待される。

「【地域と共に歩む文化拠点】全国の小劇場の『再開後』にご支援を」
URL : https://readyfor.jp/projects/shogekijo-network
公開期間:2020年5月20日(水)~7月31日(金)23:00
プロジェクトタイプ:寄付型(税制優遇の対象)
目標金額:1000万円
※目標金額に関わらずプロジェクトが成立となるALL-IN形式

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索