現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】山田親太朗はカタカナ読めず?『琉神マブヤー』沖縄プレミアで監督が仰天暴露

2011年10月24日

【沖縄】山田親太朗はカタカナ読めず?『琉神マブヤー』沖縄プレミアで監督が仰天暴露

(C)2011琉神マブヤーTHE MOVIE製作委員会

(C)2011琉神マブヤーTHE MOVIE製作委員会

2008年のテレビ放映から3年、沖縄が生んだヒーローとして、今や沖縄だけでなく全国で“マブヤー旋風”を巻き起こしている「琉神マブヤー」がついに映画化。10月29日(土)の沖縄先行公開に先駆けて「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」の沖縄プレミア上映が、10月23日、沖縄県那覇市おもろまちの「シネマQ」にて行われた。上映後の舞台あいさつには、主演の山田親太朗(ウルマ/琉神マブヤー役)とISSA(サイオン/龍神ガナシー役)、佐野智樹監督の3人が登壇。琉神マブヤーやハブデービル、マングーチュらも駆け付け、終始にぎやかな舞台あいさつとなった。

最初にあいさつに立った山田は、「大人気のテレビ版から映画になったので(自分が主演を務められるか)心配でしたが、楽しんでもらえましたか? 今日は上映されるまで本当にドキドキで、朝5時からISSAさんと映画を見始めて寝たのが7時ぐらい。それからずっと(テンション)上がりっぱなしです!」と話すと、家族連れで超満員の会場からマブヤーファンの子どもたちの歓声が響いた。

続いてあいさつしたのは龍神ガナシー役のISSA。「みんなで魂を込めて作った映画なので、これからどんどん、いろんなところで観ていただけるとありがたいです」と感慨深げにコメント。その後、MCから自身が大のマブヤーファンということが明かされると、「マブヤーシリーズは最初から見ていて、絶対映画化されると思っていました。『すぐ殺される役でもいいから出してくれ!』と言い続けていたんですが、ガナシーになっちゃいました(笑)」と満面の笑みを見せ、ガナシーのテーマ曲を担当したことについても「ガナシーの登場シーンで自分の声で曲が流れてきて、それが最高でした!」と、憧れのヒーローを演じたことを満足そうに語っていた。

また、佐野智樹監督は、人気作品の映画化に当たり、「テレビシリーズの持つ、ゆっくりとしたおおらかさや、沖縄のにおいや風を映画でもちゃんと残すように気をつけました。ですが、プレッシャーは全然感じませんでした。この企画が始まった時に(テレビ版を)DVDで観させて頂いたんですが、面白かったですね。(映画版でも)これを沖縄で、沖縄の俳優さんでやれれば、間違いなく面白くなるなという思いが最初からありました」と本作への自信をうかがわせた。

その後、トークタイムでは「偶然、テレビ版でマブヤーを演じる翁長大輔が山田の小学校の同級生で、映画版の主演が決まってから『あとは頼む』と言われた」(山田)、「撮影中はみんなで肉ばかり食べていたのでひとり4kgぐらい太ってしまい、必死に戦っていた(笑)」(ISSA)など、主演の2人が撮影中のエピソードを披露。続けて監督が「親太朗には『読めない漢字があったら聞きなさい』と言ったら、カタカナも読めないことが分かって…(笑)」と話すと、山田が「カタカナは読めます!」と慌てて反論。超満員の客席の笑いを誘う一幕もあり、出演者、スタッフの仲の良さを感じさせた。

最後に、佐野監督が「今日は初日でドキドキしていましたけど、とにかく出演者が本当によく頑張ってくれたので、楽しく(撮影が)できました。みんなも(公開を)喜んでくれていると思います! 本公開まで1週間ありますが、皆さんどうぞよろしくお願いします!」と締めくくると、地元・沖縄のマブヤーファンから大きな拍手と歓声が送られ、改めてマブヤー人気の高さをうかがわせた。

「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」
10月29日(日)より沖縄先行公開
2012年1月7日(土)より新宿ミラノほか全国ロードショー

<ストーリー>
沖縄の夜空に光る北斗七星。勉、勇、食、健、忍、夢、情、これがウチナンチュ(沖縄人)に宿る7つの魂、マブイ(魂)。のどかな沖縄で、悪の軍団マジムンのハブデービル、マングーチュ、オニヒトデービルがこのマブイを狙ってうごめきだす。そんな中、ヒーローに憧れる内気な青年ウルマは「琉球アクションクラブ」でヒーローショー「仮面シーサー・ショー」のリハーサル中、おばぁの力によって、知らぬ間に琉球を護る琉神マブヤーの魂が入ってしまう。現代の琉神マブヤーになってしまったことに戸惑うウルマ。一方、マジムンは次々に七つのマブイを奪い、そのために人々の間には異変が起こり、沖縄中が大混乱になっていく。そんな中、ウルマの仲間サイオンも龍神のマブイを得て、龍神ガナシーに変身。2人は愛する沖縄を守るため、マジムンに立ち向かうのだった。
<キャスト・スタッフ>
出演:山田親太朗、ISSA、ゴリ(ガレッジセール)、福本ジュディ幸子、長浜之人(キャン×キャン)、川田(ガレッジセール)、吉田妙子、YASU、TAKANO(バーボンズ)、椎名ユリア、真栄田賢(スリムクラブ・声の出演)、海老名保、仲間由紀恵(友情出演)
監督:佐野智樹(映画「変身」TV「ウルトラマン・メビウス」)、企画:畠中敏成、脚本:福原充則

ウルマ/琉神マブヤー役の山田親太朗
サイオン/龍神ガナシー役のISSA
佐野智樹監督
琉神マブヤーが登場すると客席から大歓声が!
ハブデービルとマングーチュも駆け付けた
琉神マブヤーだけでなくハブデービルやマングーチュも大人気!
お父さん手作りのコスチュームを着たちびっこマブヤーも登場!
開演前に記念撮影するマブヤーファン
本公開を前に大勢の家族連れが詰め掛け、客席は超満員に
山田親太朗のファンという女の子たちの姿も多く見られた
「今日は初日でドキドキしていました」と佐野監督
超満員の客席をバックにフォトセッションに応じる3人
客席からの声援に手を振り応えていた
舞台あいさつ後には10/25発売の映画版琉神マブヤー切手の贈呈式も行われた
劇場前には映画版琉神マブヤー切手の先行販売ブースも
MCを務めたRBC(琉球放送)アナウンサーの翁長舞
マブヤーTシャツでポーズを取る子どもたち
主演の2人は舞台あいさつ後に行われた「飲酒運転たっぴらかす!キャンペーン」イベントにも参加
「飲酒運転たっぴらかす!キャンペーン」イベントで子どもたちと

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索