現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】沖縄に転校してきた15歳の少女が見た沖縄の“戦争”とは?

2019年11月11日

【沖縄】沖縄に転校してきた15歳の少女が見た沖縄の“戦争”とは?

©沖縄テレビ放送

©沖縄テレビ放送



2020年春、東京・ポレポレ東中野にて、ドキュメンタリー映画『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』が公開される(2020年2月1日<土>から沖縄・桜坂劇場にて先行上映)。

『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』は、沖縄テレビ放送の開局60周年を記念して製作されたドキュメンタリー映画。同局のアナウンサー・平良いずみ氏が監督を務め、県外から転校してきた15歳の少女の目を通して、沖縄における“戦後”を考える。

石川県に住む15歳の少女・坂本菜の花は、ある日、沖縄・那覇市のフリースクールに転校してきた。沖縄での暮らしをスタートさせた菜の花は、オスプレイやアメリカ軍機の墜落事故を目の当たりにし、この島ではずっと「戦争」が続いていることを肌で感じ取っていく。

タイトルにもなっている「肝(ちむ)ぐりさ」は、沖縄の言葉で「胸を痛める」の意味。沖縄の言葉には「悲しい」を意味する言葉はなく、それに近い言葉として「ちむぐりさ」が挙げられる。人の痛みを自分のものとして胸を痛め、辛い思いをしている人と一緒に悲しむことが、沖縄での「ちむぐりさ」だ。

今作は、第38回「地方の時代」映像祭でグランプリを受賞、2018年度日本民間放送連盟賞の報道番組部門で優秀賞を受賞した話題のドキュメンタリー作品。希望の島で、15歳の少女がみた、リアルな沖縄の姿を体験しよう。

映画『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』
2020年2月1日(土) 沖縄・桜坂劇場にて先行公開
2020年春 東京・ポレポレ東中野ほか全国順次公開

監督=平良いずみ
語り=津嘉山正種 プロデューサー=山里孫存、末吉教彦
音響効果=巻く音jujumo 撮影/編集=大城茂昭 協力=珊瑚舎スコーレ
製作=沖縄テレビ放送 配給=太秦

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索