現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > “絶世の美少年”荒木飛羽が初めてのカレンダーを発売!

2019年10月16日

“絶世の美少年”荒木飛羽が初めてのカレンダーを発売!



14歳の俳優・荒木飛羽が、11月16日(土)、自身初となるカレンダーを発売する。

荒木は、これまでドラマ「死神くん」(テレビ朝日系)、「MARS~ただ、君を愛してる~」(日本テレビ系)、「好きな人がいること」(フジテレビ系)、「兄に愛されすぎて困ってます」(日本テレビ系)、「あなたの番です」(日本テレビ系)などに出演。また、2018年には、大河ドラマ「西郷どん」(NHK)、朝の連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)にも出演した。

「あなたの番です」の榎本総一を演じた荒木は、その美しい顔とは裏腹に、ゾクッとさせるような微笑みとミステリアスな雰囲気で視聴者を虜にして話題をさらった。

また、イケメン俳優たちの幼少期を演じ、“絶世の美少年”“国宝級イケメン”と特集が組まれるほど、今最も注目を浴びている人気沸騰中の美少年だ。

そんな荒木が、このたび、初のカレンダーを発売。都内で撮り下ろしされた同作は、ミステリアスな荒木の魅力が最大限に引き出されている。

子役からカメレオン俳優へと進化する14歳の荒木が魅せる大人びた表情、ため息が出るほどの美しい表情など、テレビではあまり見せない表情が各ページを彩っている。少年から大人への階段を上り始めた荒木の“今”の魅力が伝わる8枚になっている。

荒木は「カレンダーの制作が決まったと聞いた時、不安と嬉しさが半分ずつくらいの気持ちでした。最近雑誌の仕事もたくさんいただけるようになり、いろいろな表情の自分を撮っていただくのは映像の仕事と同じくらい楽しいです! 普段演じている役柄とは異なった自分を見ていただけたら嬉しいです」とコメント。

また、「僕の一番のお気に入りは、メガネのカットです。もともと視力がすごく良いので、生まれて初めてのメガネだったんです。自分で言うのもヘンですが、鏡を見たら思いのほか似合っていて(笑)。すごく気に入っています!」とお気に入りのカットを明かした。

カレンダー発売にあたり、初となる単独イベントも決定日程・場所は未定)。カレンダーとともに、今後の活躍が楽しみだ。

「2020年版荒木飛羽カレンダー」
2019年11月16日(土)発売 2,700円(税別) トライエックス

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索