現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】県内の大学生が沖縄ファミリーマートの商品をプロデュース

2019年10月15日

【沖縄】県内の大学生が沖縄ファミリーマートの商品をプロデュース



沖縄県内のファミリーマートでは、現在、県内7校の学生を対象にした実戦型インターンシップ「学P沖縄リーグ2019」で開発された商品を、県内ファミリーマート全店で発売中。販売は、10月21日(月)まで。

「学P沖縄リーグ」は、沖縄ファミリーマートの商品を開発するという実戦型インターンシップ。商品開発から販売促進まで企業マーケティング活動に関する体験学習を目的に、毎年実施されている。

今年で13回目となる「学P沖縄リーグ」の開発テーマは、「新・うちなーグルメ!」。今年も7月より約3カ月かけて体験学習を実施した。今回は、沖縄大学、沖縄国際大学、沖縄キリスト教学院大学、琉球大学、名桜大学、沖縄女子短期大学のほか、今年初参加として沖縄県立農業大学校が加わった。

「おむすび」には、琉球大学と沖縄県立農業大学校が挑戦。琉球大学の「たるたるちきちき」(250円、税込)は、タルタルソースにシークヮーサーを加え、さっぱりしたチキン南蛮おむすびとなっている。花笠をパッケージデザインに取り込み、“学P”商品の特別感を演出した。

一方、沖縄県立農業大学校の「かんだばーおむすび」(130円、税込)は、バター風味ご飯に、昔から沖縄で食べられているさつまいもの葉「かんだばー」、紅鮭を混ぜ込んだ一品だ。

そして、弁当では、沖縄女子短期大学が「カメーカメーTランチ」(550円、税込)を創作。沖縄発祥のタコライスとAランチを組み合せた、忙しく働く男性を応援する、まさに“新・うちなーグルメ”を打ち出した。

名桜大学は「琉球咖喱(RyukyuCurry)」(430円、税込)として、カフェ飯で人気のキーマカレーと彩りの良い野菜を組み合わせた。ご飯には十穀米を、挽肉に大豆肉とあぐー肉を掛け合わせたこだわりの品だ。

パンは、沖縄国際大学が「紅芋と黒糖が恋したキューティーパイ」(145円、税込)を作り出した。紅芋のペーストと黒糖ケーキを包んだザクザク食感を楽しめ、トッピングのザラメがパイの食感とマッチしている。

デザートも2大学が参加。沖縄大学は「あっ!うむさん」(125円、税込)と称して、風味豊かなしっとりとした生地に、程よい甘さの宮古島産紅いもペースを練り込んだ紅イモクリームを合わせた。

沖縄キリスト教学院大学は、「シュー拝(をうが)なびら」(145円、税込)と題して、シークヮーサーゼリー入りホイップクリームとレアチーズクリームをザクザク生地に詰め込んだ。

今年も特設サイトにて、WEB人気投票を実施している。学生たちが真剣に取り組んだ商品の数々をこの機会に体験しよう。

「学P沖縄リーグ2019」
2019年10月8日(火)~10月21日(月) 沖縄県内のファミリーマートで発売中
※台風17号の影響により沖縄県立農業大学校の「かんだばーおむすび」のみ、11月5日(火)~11月18日(月)までの発売

「たるたるちきちき」
「たるたるちきちき」
「かんだばーおむすび」
「かんだばーおむすび」
「カメーカメーTランチ」
「カメーカメーTランチ」
「琉球咖喱(RyukyuCurry)」
「琉球咖喱(RyukyuCurry)」
「紅芋と黒糖が恋したキューティーパイ」
「紅芋と黒糖が恋したキューティーパイ」
「あっ!うむさん」
「あっ!うむさん」
「シュー拝(をうが)なびら」
「シュー拝(をうが)なびら」

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索