現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > “力が湧く”『セブンルール』のために、 シンガーソングライター・吉澤嘉代子が新曲書き下ろし!

2019年09月10日

“力が湧く”『セブンルール』のために、 シンガーソングライター・吉澤嘉代子が新曲書き下ろし!

(C)カンテレ

(C)カンテレ

さまざまな音楽シーンで今注目を集めている、実力派シンガーソングライター・吉澤嘉代子に、『セブンルール』がインフォマーシャル(インフォメーションとコマーシャルを合わせた造語=コマーシャルメッセージ)で使用するテーマソングの楽曲制作を依頼。その曲が、9月10日の番組放送中に流れるインフォマーシャルで初披露されることがわかった。
楽曲のタイトルは未定だが、番組のために書き下ろされたこの新曲は、透明感あふれる吉澤の歌声に、新進気鋭のギタリスト・君島大空のギターが重なって、番組に登場する女性の背中を後押しするような、キラキラと明るく、疾走感のあるものに仕上がっている。
また、吉澤は「『7 RULES』は毎回放送を楽しみにしている番組なので、お話をいただけてとてもうれしかったです。一人の女性が悩み苦しみながら切り拓いてきた道を、最後にはカラッと逞しく映し出される姿に、力が湧きます。そんな主人公に寄りそえるような、強く優しい歌を書きたいと思いました。編曲は君島大空さんに、めくるめく夢見心地な“魔法”をかけていただきました。お楽しみください」とコメント。
なお、初披露となるインフォマーシャルは、9月10日のオンエアからしばらくの間、放送される予定だ。はたして番組に寄り添い、丁寧に作られた吉澤の新曲とは?また、今夜は富士山の次に標高が高い、南アルプス・北岳の標高2000メートルにある、人気の山小屋「両俣小屋(りょうまたごや)」を守る女性・星美知子(69)に密着。95年も続く歴史ある山小屋で登山客を温かく迎える、星のルールに迫る。


■吉澤嘉代子 プロフィール
・ヤマハ主催「Music Revolution」でのグランプリ・オーディエンス賞のダブル受賞をきっかけに、2014 年メジャーデビュー。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」など国内大型フェスヘ出演し、全国ホールツアーを成功。私立恵比寿中学や松本隆との共作により、シンガークミコへ楽曲提供も行う。
・2017年、バカリズム原作・脚本・主演ドラマ「架空 OL 日記」主題歌として「月曜日戦争」を書き下ろす。
・2017年10月にリリースした 2nd シングル「残ってる」がロングセールスを記録中。
・2018年6月13日、3rd シングル「ミューズ」をリリース。
・2018年11月7日、4thアルバム「女優姉妹」をリリース。

『7RULES(セブンルール)』
9月10日(火)よる11時~11時30分 ※カンテレ/フジテレビ系列 全国ネット
【スタジオキャスト】 青木崇高 本谷有希子 YOU 若林正恭(オードリー)※五十音順 
【今週の主人公】 星美知子(南アルプスの山小屋「両俣小屋」小屋番)
【ナレーション】 角舘健悟(Yogee New Waves)

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索