現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > いよいよ16日(金)最終話が放送!

2019年08月15日

いよいよ16日(金)最終話が放送!

(C)2019「潤一」製作委員会

(C)2019「潤一」製作委員会

仏カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞、米国アカデミー賞ノミネートほか、数々の賞歴を誇る日本を代表する映画監督、是枝裕和。その彼を中心に設立された制作者集団“分福”が手掛ける渾身のドラマ『潤一』の最終話となる第六話が、8月16日(金)深夜1:55から、カンテレで放送される。主演の、気まぐれに女性を渡り歩く青年・潤一は、若手俳優きっての実力派、志尊淳。そして最終話に登場する、毎日男漁りに出かける女性・美夏役を、元乃木坂46メンバーで、近年では『あさひなぐ』や『映画 賭ケグルイ』に出演し、女優としても注目を集めている、伊藤万理華が演じる。

【美夏役・伊藤万理華コメント】
「初めて脚本を読ませていただいて、自分自身と似ている部分はほとんどないと感じたんですが、でも友達と、この美夏という人物について話をしているうちに、色々想像して、この女性の底にある感情に共感できるようになりました。美夏は、出歩いて色々な男性をたぶらかすのですが、それは傍からはチャラチャラしているように見えますが、実は美夏はこうじゃないと生きていけない人なんだと気付き、それにすごく興味を持ちました。
今回撮影は、長回しが多かったです。特に潤一との出会いのシーンや、公園で二人で駆け出すシーンは1カットで撮影されているんですが、潤一役の志尊淳さんとの撮影は、特に緊張することもなく、むしろ心地よさを感じました。美夏にとって、潤一は安心感を感じる存在なので、私にも自然とそう感じさせる、志尊さんが持つ空気感がすごいと思いました。志尊さんは潤一としてすごく成り立っていました。
皆様、『潤一』が最終話となります。男漁りを繰り返す女性「美夏」を、ぜひご覧ください!」


【最終話(第六話)「美夏」あらすじ&場面カット】
美夏は、出会い系サイトで男漁りを繰り返していた。ある夜、ホテル帰りの道すがら、美夏は男たちからナンパされるが、一人の青年、潤一が美夏を救い出す。潤一は心配だと言ってそのまま美夏の家についてくる。家に着いた美夏は、ホテルで破けたブラウスとスカートを潤一の前で脱ぎ捨て…。

■『潤一』ストーリ■
―26歳、雲のごとく流れゆく6つの恋――。その激情は、女を潤す。
無職・宿無し、気まぐれに女から女へと渡り歩く潤一。出産をひかえた妊婦、映子。妹の旦那と寝る姉、環。亡くなった夫の不倫を疑う未亡人、あゆ子。夫に束縛された装丁家の女、千尋。処女を捨てたい女子高生、瑠依。毎日男漁りに出掛ける女、美夏…。それぞれの孤独な日常の隙間に、潤一はいつの間にか現れて、消える。寄る辺ない日常に埋れていた女たちの人生は、潤一との刹那の愛で輝きを取り戻す。だが、潤一は、一人の女のそばには決してとどまらず、ふらりと去っていく。小さな波紋だけを残して…。潤一はどこから来て、どこへ行くのか。潤一が女たちに残すものとは?
■関西テレビにて、毎週金曜25:55~放送、放送終了後に各配信プラットフォームにて見逃し配信中
■公式サイト junichi-drama.com
■公式Twitter @junichi_drama
■公式インスタグラム junichi_drama

『潤一』
毎週金曜25:55~(関西テレビ)※放送終了後に各配信プラットフォームにて見逃し配信中
出演:志尊淳 藤井美菜 夏帆 江口のりこ 蒔田彩珠 伊藤万理華 / 原田美枝子

いよいよ16日(金)最終話が放送!
いよいよ16日(金)最終話が放送!
いよいよ16日(金)最終話が放送!
いよいよ16日(金)最終話が放送!
いよいよ16日(金)最終話が放送!
いよいよ16日(金)最終話が放送!
いよいよ16日(金)最終話が放送!

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索