現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】「聖地巡礼で訪れてみたい都道府県」で沖縄が2位にランクイン!

2019年06月08日

【沖縄】「聖地巡礼で訪れてみたい都道府県」で沖縄が2位にランクイン!

画像提供:一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー

画像提供:一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー



旅行雑誌「じゃらん」は、このたび、「聖地巡礼で訪れてみたい都道府県」のアンケートを実施し、沖縄県が第2位にランクインした。

旅のスタイルの1つとして、ドラマや映画、アニメファンの間では、作品に登場したロケ地を巡る「聖地巡礼」が人気を集めつつある。

特に近年は、国内に存在する町の建物や風景を取り入れたアニメ作品も多く、中には自治体が「巡礼マップ」などを提供し、作品と連動する事例も珍しくない。

ロケ地となったスポットを訪れることで、ファン同士の新たなコミュニケーションが生まれ、また、主人公の気分を味わえるなど、より一層作品の世界感に浸ることができる点が“聖地巡礼”旅の魅力となっている。

このたび発表されたランキングで、1位の北海道に続き、沖縄が2位にランクインした。アンケートは、インターネットにて、10代〜60代の男女無作為に行われた。

「じゃらん」編集部がおすすめする、沖縄県内の“聖地巡礼”スポットは、沖縄・竹富島。竹富島は、『劇場版 のんのんびより ばけーしょん』の舞台となっており、劇中で登場するのは竹富島をはじめとする八重山諸島と呼ばれる地域。

中でも、作品のキービジュアルとして描かれたスポットである、島の西側に位置する西桟橋が人気。1938年に作られた桟橋で、竹富島に住みながら西表島で稲作をする人々に利用されていた。国の登録有形文化財にも登録され、今では夕日の名所として人気のスポットとなっている。

八重山諸島には、ほかにも作品の世界観を満喫できるスポットが多数あるので、のんびりと大自然に癒されながら巡ってみるのもおすすめ。

ちなみに、北海道は、メディアミックス作品「スクールアイドルプロジェクト」の聖地・函館や、「僕だけがいない街」の苫小牧などがおすすめスポットとして挙げられている。

ほか、3位は「有頂天家族」などの舞台・京都府、4位は「とある科学の超電磁砲」の舞台となった立川のある東京都、5位は「秒速5センチメートル」などの舞台として人気の種子島を有する鹿児島がランクインした。

日本アニメツーリズム協会が「訪れてみたい日本のアニメ聖地88選」を毎年発表するなど、今や旅のスタイルの1つとして定着した“聖地巡礼”。ぜひ、次の旅の参考にしたい。

北海道・函館
北海道・苫小牧
京都府
東京・国立市
鹿児島・種子島

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索