現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】モンパチ20年の軌跡を綴ったドキュメンタリー映画が公開決定

2019年06月07日

【沖縄】モンパチ20年の軌跡を綴ったドキュメンタリー映画が公開決定



沖縄出身のバンド・MONGOL800の20年を綴ったドキュメンタリー映画『MONGOL800 -message-』が、7月5日(金)から劇場公開されることが決定した。

MONGOL800は、1998年、沖縄の高校在学中に同級生だった上江洌清作(Vo & B)、儀間崇(G & Vo)、髙里悟(Dr & Vo)により結成された日本のスリーピースロックバンド。

「モンパチ」の愛称で親しまれ、2001年9月に発表した2ndアルバム『MESSAGE』が、発売から7カ月後のオリコンチャートで首位を獲得、インディーズとしては異例の300万枚を売り上げた。

故郷・沖縄を活動の拠点にし、作品の発表とライブ中心の活動を続ける彼らの発信する自然体の言葉、平和を願うメッセージは多くの人々の共感を呼び、熱い支持を得ている。

代表曲「小さな恋のうた」は、平成で最も歌われた男性アーティスト楽曲1位に記録されているほか、この楽曲から生まれた同名映画が全国177館で劇場公開されるなど、時代や世代を超えて愛され続けている。

このたび、2019年2月に東京・日本武道館公演「MONGOL800 20th ANNIVERSARY FINAL!! “モンパチハタチ at 日本武道館”」を成功させ、バンドマンとして変わらず走り続けたこの20年を綴ったドキュメンタリー映画「MONGOL800 -message-」が、7月5日から劇場公開されることが決定した。

監督は、メンバーの高校時代の後輩であり、彼らの映像作品のほとんどを手がける山城竹識氏が務める。

デビュー前からモンパチの姿を目に焼き付け、追いかけ続けてきた山城氏だからこそ撮ることができたバックステージの模様や、普段メディアへの露出を好まないメンバー本人たちの生の声など、貴重な映像が数多く収録されている。

公開は、2週間限定で、新宿バルト9、横浜ブルク13、MOVIXさいたま、梅田ブルク7、T・ジョイ京都、広島バルト11、ミッドランドスクエアシネマ、T・ジョイ博多、札幌シネマフロンティア、シネマライカム、ユナイテッド・シネマ PARCO CITY浦添でプレミア上映されるほか、全国でも順次公開予定。

山城氏は「高校生の頃、遠くから観ていたモンパチ。大人になり、高校生の頃よりかはほんの少し近くから観られるようになって、『バンドマンって、何だろう?』と、思うようになりました。沖縄で生まれて、育ち、沖縄から20年間音楽を響かせてきたMONGOL800というバンドマン3人のMessageが少しでも皆様に届きますように」とコメントを寄せた。

彼らの20年にわたる活動の功績を目に焼き付けよう。

映画『MONGOL800 -message-』
2019年7月5日(金)〜 新宿バルト9、横浜ブルク13、MOVIXさいたま、梅田ブルク7、T・ジョイ京都、広島バルト11、ミッドランドスクエアシネマ、T・ジョイ博多、札幌シネマフロンティア、シネマライカム、ユナイテッド・シネマ PARCO CITY浦添でプレミア上映

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索