現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 知英が鹿児島・薩摩川内市を舞台にした映画『大綱引の恋』ヒロインに!

2019年06月01日

知英が鹿児島・薩摩川内市を舞台にした映画『大綱引の恋』ヒロインに!

歌手と女優、二足のわらじを履く知英(ジヨン)が、2021年5月に公開予定の映画『大綱引(おおづなひき)の恋』でヒロインを演じることが分かった。主演は若手俳優の三浦貴大、監督は佐々部清氏。

『大綱引の恋』は、鹿児島・薩摩川内(さつませんだい)市に420年続く勇壮な「川内大綱引(せんだいおおつなひき)」をモチーフに描くラブストーリー。

川内大綱引に青春をかける鳶(とび)の跡取り・有馬武志(三浦)と、下甑島(しもこしきしま)の診療所に勤務する研修医、ヨ・ジヒョンの切ない恋と、2人を取り巻く家族模様が綴られる。

ヒロインを演じるにあたり、知英は「綱引きという行事が、韓国と日本の間で古くから伝えられていた文化として交流が行われたことも嬉しく思います。佐々部監督の世界観の中で、思いっきり演じてみたいと、ワクワクドキドキしています。共演の三浦貴大さんとは初めてご一緒させていただきますが、海を越えた2人の恋を精一杯演じます!」と意気込みを披露した。

一方、三浦は「佐々部監督の作品の中で生きられることが、今から楽しみでなりません。家族、そして国を超えた文化、愛情を今持てる力で、丁寧に演じていければと思っています」と胸中を明かした。

メガホンを取る佐々部監督は「お2人それぞれにお逢いしました。三浦クンは朴訥な印象、知英さんは逆に煌びやかな印象。対照的な2人に共通していたのは、真っ直ぐに映画に向き合う強い意志。そんな2人がどう化学反応するか、そこが観たくなりました」と期待を寄せる。

今年の9月にクランクインをして、2020年11月に鹿児島にて先行公開、2021年5月に全国公開が予定されている。ピュアな2人がどんな恋模様を表現するのか、楽しみだ。

映画『大綱引(おおづなひき)の恋』
2020年11月鹿児島にて先行公開、2021年5月全国公開

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索