現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 銀河団がワンマンライブで新メンバーを迎えて5人で再始動

2019年03月31日

銀河団がワンマンライブで新メンバーを迎えて5人で再始動



個性派演劇集団「劇団番町ボーイズ☆」の若手メンバーにより構成されたダンスボーカルグループ「銀河団」が、3月23日、東京・代官山LOOPにて、2ndワンマンLIVE「Galaxy Cluster 2nd Live~Reboot~」を開催。そこで、新メンバーを初めてお披露目した。

銀河団は、ソニーミュージック新人開発部門SDグループが手掛ける個性派演劇集団「劇団番町ボーイズ☆」の若手メンバーにより構成されたダンスボーカルユニット。

2017年5月に1stシングルを発売後、これまで3枚のシングルを発売している。2018年10月に、メンバーの1人が脱退して4人体制になったが、このたび同ライブで新メンバーを加えて再始動した。

今回、新メンバーとして加入したのは、宮内伊織。大きな瞳が印象的な21歳で、新メンバーにしてグループ最年長となる。

ライブでは宮内が登場後、新曲を4曲初披露。中でも、ファンからの呼び声が高かったというメンバーの自己紹介曲「Galaxy」では、メンバーの名前を呼ぶコール&レスポンスで会場が一体となった。

ほか、人気ナンバー「愛しても恋しても」や「Fallin’Down」「まっすぐにI Love You」など全12曲を披露。

メンバーの木原瑠生は「新メンバーを加えてファンの方がどんな反応をするのか不安な部分も多かったですが、とても温かく迎えていただけたことが僕も幸せです。新しいスタートになり今まで以上にやらなければいけないことも増えると思いますが、今はそれが自分たちの夢を叶える小さな積み重ねになるのでその1つ1つを踏みしめて頑張っていきたいです」とコメント。

澤田は「今回のライブではダンスショーケースをプロデュースして初めて振り付けにも挑戦しました。無事終えて、『やりきった!』という気持ちです。銀河団としては一人一人のスキルを磨き、グループが多く存在する世界で、銀河団が強い存在になりたいです。そのためにも個人的には歌とダンスのレベルをもっともっと上げていきたいです。今だからやる事やれる事にたくさんタッチしていきたいです。タッチだけでなく深く」と意気込み十分。

矢代卓也は「新曲『Galaxy』など、皆さんと一緒に盛り上がれる曲も増えてライブがより一層楽しかったです。そして、新メンバーの伊織を含めた、この5人でライブのタイトルの通り(Reboot)再起動していきたいと心から思いました」と発言。

織部典成は「大きなステージを目指してこれからも頑張ります。全員で手をとりあって最高のライブを皆様にお届けできるように頑張りますのでこれからも応援よろしくお願いします。これからも僕達についてきてください。よろしくお願いします!」と意気込みを披露した。

新生・銀河団のこれからの活動に注目したい。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索