現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】参加者が舌鼓!開業3周年を記念して「ジ・ウザテラス」が収穫祭を開催

2019年03月21日

【沖縄】参加者が舌鼓!開業3周年を記念して「ジ・ウザテラス」が収穫祭を開催



沖縄・読谷村(よみたんそん)のリゾート「ジ・ウザテラス」にて、3月17日、開業3周年を記念した「ガーデンアペリティフ」が行われた。

「ジ・ウザテラス」は開業当初から地元・読谷村の野菜や果物を食べてもらおうと、「畑から食卓へ」をテーマに、地産地消を掲げている。

「ガーデンアペリティフ」は、開業3周年イベントの一環で、そのテーマに基づき、県外の人(ホテル宿泊者)、読谷村長、読谷の農業・漁業関係者を招いて開催された、自然の恵みに感謝する収穫祭。

当日は、11種類のオードブルと2種類のスイーツが振る舞われた。オードブルは、セーイカとスクのフリット、紅芋とバナナのチップス、ブルサンチーズのカナッペ、トルティーヤロール、農園野菜のガランティーヌ、チーズフォンデュ、農園コールラビとミーバイのピンチョス、紅芋ボール、カモと農園ズッキーニのピンチョス、カリフラワーのタルトレット、紅芋と紅豚のビスコッティ・サレが並んだ。

また、スイーツは、ベリームーン苺とベリーのタルト、農園ローズマリーとオレンジのビスコッティを提供。

ほか、読谷村で採れたイチゴを樽に漬けて作られたビール「イチゴエール」も登場。新鮮なイチゴの香りと甘酸っぱさが特徴で、在庫限り同ホテルで継続的に販売される。

ほか、3周年イベントとして、3月23日(土)、「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」宿泊客を対象に、ホテル前の宇座海岸にて「ウミガメの放流会」を開催。当日は、ウミガメの生態や、宇座海岸で見ることのできる生物の紹介の後、三線の演奏を聴きながらウミガメを放流する。

間もなく、「ジ・ウザテラス」も長い夏を迎える。

「ブルサンチーズのカナッペ」
「カリフラワーのタルトレット」
「紅芋と紅豚のビスコッティ・サレ」
「ベリームーン(読谷村産イチゴ)」
「ベリームーン苺とベリーのタルト」
読谷村産人参「黒人参」
読谷村産人参「黒人参」
「イチゴエール」

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索