現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > ついに最終章突入! 舟山が本性を現す! 小夜子が絶体絶命の危機に…。

2019年03月12日

ついに最終章突入! 舟山が本性を現す! 小夜子が絶体絶命の危機に…。

(C)カンテレ

(C)カンテレ

カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『後妻業』(毎週火曜よる9時)。木村佳乃演じる武内小夜子は、資産家老人を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺を行う“後妻業”をなりわいとする女性。結婚相談所の社長であり、実は“後妻業”の黒幕・柏木亨(高橋克典)、父親が“後妻業”のターゲットとなり、小夜子のライバルとなる中瀬朋美(木村多江)、朋美の大学時代の先輩で元マル暴刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)。この4人が巻き起こす痛快サスペンス&大人の恋愛ドラマ。

【木村佳乃もビビって半泣き!?“必殺仕事人”中条きよしが最恐の顔を見せ現場が凍った!】
第8話では、小夜子が入れ込んでいるイケメンターゲット・舟山(中条きよし)の急変で、絶体絶命の危機に陥る。これまでの“後妻業”ターゲットとは違い、紳士的で男の色気が漂う舟山。そんな舟山からプロポーズを受けた小夜子は、浮足だち自分の部屋に舟山を招き、手料理をふるまう。柏木から入れ込み過ぎだと忠告されても、舟山に対して熱を上げる小夜子の耳には届かず、「嫉妬ちゃうかぁ?」と一蹴される始末。そこで柏木が小夜子の目を覚ますために、舟山の資産届を確認すると、そこには意外な事実が!
さらに、公正証書を書いて欲しいと伝えた小夜子に、舟山は態度を急変させる。これまでじいさんをターゲットにして金を奪ってきた小夜子を、最大の危機が襲う!
舟山が急変するシーンは、あまりの迫力にスタッフからもう少し抑えるようにという依頼が出るほど。中条自身は「関西弁で怖くして下さいって言われたのでやってみたら、もう少し抑えてくださいって現場スタッフから言われてしまって(笑)」と、撮影現場の想像をはるかに超えた関西弁での演技について振り返った。木村佳乃は「あまりに迫力がありすぎて、演技だとわかっていても怖かったです。役に入り切っているから、カットがかかると思わず現場にいた助監督にしがみついてしまって…」と中条の熱の入った芝居の為に起きた恐怖体験を話した。
一方、いつものW木村の舌戦だが、今回はいつもと雰囲気が違う…。司郎(長谷川朝晴)と別れたことで憔悴(しょうすい)しきっている朋美は小夜子と争う気力もない。そんな朋美に小夜子からまさかのプレゼントが!

【高橋克典 VS 中条きよし 一触即発のピリピリ撮影で男のプライドが激突!】
これまで数々の女の戦いが描かれてきた後妻業だが、今回の第8話では、高橋克典VS中条きよしというダンディ俳優同士の強烈なバトルシーンも描かれている。これまで2人が出会うシーンはなかったが、中条演じる舟山と高橋演じる柏木。小夜子を巡る2人の激しい直接対決が描かれる。
一触即発のにらみ合いから、体と体のぶつかり合いへと盛り上がっていくシーンとなっており、後妻業史上最高に怒る柏木の演技に、カットがかかると現場のスタッフからも「かっこいい~」という声が上がったほど。男同士の熱い戦いも、第8話の重要な見どころとなっている。

【木村佳乃『全て委ねました』 高橋克典とのキスシーンとは!】
小夜子から「ウチに来て・・・」とかすれ声で助けを求められる柏木。急いで車を飛ばして駆け付けると、部屋の中には膝を抱える小夜子の姿が…。舟山に恐ろしい目にあわされた小夜子を柏木は強く抱きしめる。
これまで、最強のバディとして、時に夫婦漫才のようにコミカルに、時に憎み合うかのようにシリアスに、数々の“後妻業”をなしとげてきた二人。その裏には、互いに思い合う気持ちがあるものの、その一線を越えないと誓った柏木や、彼の前では強がってしまう小夜子であったが、そんなもどかしい2人についに転機がやってくる!
このシーンについて木村佳乃は「心を許した柏木さんに、思わず自分を委ねたような気持ちで演じました」と振り返った。小夜子のことを心配して駆け付けたくれた柏木を見て、緊張の糸が切れた小夜子の心情を見事に演じている。
木村弥寿彦監督は「小夜子と柏木の恋の行方は、このドラマの見どころの一つです。キスシーンは、佳乃さんと克典さんと気持ちや体勢、タイミングなどを細かく話し合い、これまで積み重ねてきた2人の関係を大切に撮影しました。まさに大人の2人が魅せるキスシーンに酔って頂ければと思います」と、このシーンで表現する“大人の恋愛”へのこだわりについて明かした。

いよいよ最終章で急展開を迎える『後妻業』第8話は、今夜放送!

【3月12日(火)放送第8話あらすじ】
これまで後妻に入った老人たちとは違い、紳士的で男の色気が漂う舟山(中条きよし)にすっかり魅了された小夜子(木村佳乃)は、彼からのプロポーズに今までとは違う、女としての喜びを感じる。一方、博司(葉山奨之)と会うために上京していた柏木(高橋克典)は、プロポーズされたことをうれしそうに報告する小夜子に、複雑な感情を抱く。小夜子は小夜子で、柏木からの返信が来ないことに不満を感じ、舟山からの誘いに乗ってしまい一夜を共にする。そうとは知らない柏木は、夫と別れて傷心の朋美(木村多江)と偶然バーで出会う。傷ついた朋美をなぐさめているうちに、2人はそのままホテルの一室へと向かうが、その様子を駆けつけた本多(伊原剛志)が見てしまう――!
大阪に戻った柏木は、舟山と男女の関係になったことをにおわす小夜子の言葉に激しく動揺。さらに、小夜子が今まで誰一人として入れなかった自分の部屋に舟山を招き、手料理を振る舞うと知り、入れ込みすぎだと警告する。しかし、恋に酔った小夜子の耳には届かず、反対に「嫉妬ちゃうか?」と返されてしまい、いら立ちを抑えきれなくなった柏木は、何とかして小夜子の目を覚まそうと躍起に。そして、舟山の化けの皮をはがすために彼の資産届を確認すると、とんでもないことが分かる。
柏木に呼び出された小夜子は、舟山についてある重大な事実を告げられる。しかし、舟山に愛情すら感じ始めていた小夜子は決して信じようとしない。話し合いは平行線のまま、やがて小夜子は柏木のオフィスを出ようとするが、その瞬間、デスクに置いてある朋美のイヤリングを見つけてしまう。柏木はごまかすが、2人の間に何かあったことを瞬時に察知した小夜子は、胸がざわつき始める。
数日後、朋美の部屋に突然小夜子が訪ねてくる。上京した理由が分からず困惑する朋美に、小夜子は「あんた…柏木と寝たん?」と切り出して……。

『後妻業』
毎週火曜よる9時~9時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
【第8話】3月12日(火)よる9時放送

木村佳乃 最強のバディ・高橋克典とまさかのキス! 大人の恋愛は「自分を委ねて…」

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索