現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 資産家老人が突然死! 小夜子が殺人を決行か!? 衝撃の真相は?

2019年03月05日

資産家老人が突然死! 小夜子が殺人を決行か!? 衝撃の真相は?

(C)カンテレ

(C)カンテレ

カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『後妻業』(毎週火曜よる9時)。木村佳乃演じる武内小夜子は、資産家老人を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺を行う“後妻業”をなりわいとする女性。結婚相談所の社長であり、実は“後妻業”の黒幕・柏木亨(高橋克典)、父親が“後妻業”のターゲットとなり、小夜子のライバルとなる中瀬朋美(木村多江)、朋美の大学時代の先輩で元マル暴刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)。この4人が巻き起こす痛快サスペンス&大人の恋愛ドラマ。

【小夜子のターゲット・笹島が突然死! 小夜子が殺人を決行か! 死の真相が判明!】
第7話では、父・耕造(泉谷しげる)の遺産のことよりも小夜子に勝ちたいと考える朋美が柏木に近づき、「小夜子(木村佳乃)より、私と組みませんか?」と持ち掛け、後妻業での殺人を小夜子による単独の犯行にしないかと誘惑する。その矢先に、小夜子がターゲットとしていた笹島(麿赤兒)が亡くなったことを知った朋美は耕造同様、小夜子が殺したと確信。本多から警察でも他殺で捜査していると聞いた朋美は、本多と共に小夜子を呼び出し、過去の“後妻業”の話を持ち出すと、耕造の遺産の半分の金額を支払うよう要求する。応じる気配がない小夜子に対し朋美と本多は、裁判で争う覚悟があり、更には記者会見を行うと脅す。小夜子から話を聞いた柏木は、その脅しが本気だと悟り、策を講じる。
小夜子のターゲット・笹島が急死したことで、小夜子に揺さぶりをかける朋子と本多。そして、朋美が柏木に急接近して新たな展開を迎える!
一方、すっかり舟山(中条きよし)のとりことなっている小夜子。これまでのじいさんたちとは一味違う“ダンディさ”にハマっていく。そんな小夜子の様子に、柏木も気が気でなくなり、嫉妬を募らせていく。『必殺仕事人シリーズ』で“三味線屋の勇次”を演じてきた中条の、“後妻業”小夜子さえもメロメロにさせる魅力が全開となり、物語が急スピードで展開していく第7話。
“後妻業”小夜子 VS. “仕事人”舟山の恋の駆け引きも見逃せない!

【木村佳乃が熱唱&激化するアドリブ合戦! 次のターゲットは伊原剛志!!】
朋美と本多に呼び出され、喫茶店に現れた小夜子。早速、オーダーしたビールを飲みながら不倫関係と知った朋美と本多をいじる場面で、いつもの舌戦が始まる。「ラブ言うても不倫やった~」と、おもむろに店内にあった通天閣の置物をマイクにして熱唱! ラブホテルに入っていった二人をやゆするかのように、島津ゆたかの名曲「ホテル」を熱唱し、朋美にもマイクを向け歌わせる。調子に乗った小夜子は本多にまでマイクを向ける。
このシーンは当初、小夜子と朋美がそれぞれ歌うシーンとなっていたが、まさかの木村佳乃が伊原にアドリブでむちゃぶり! マイクを向けられた伊原のとった驚くべき対応とは!? このシーンを振り返り木村佳乃は「島津ゆたかさんの「ホテル」は、当初歌う予定の部分だけだと、視聴者のみなさんに伝わりにくいかなと思い、アドリブでサビの部分を歌う事にしました。マネージャーさんに教えてもらい、移動中に練習もしました!」と話す。

【ドラマの影響!? ゲス不倫夫を演じる長谷川朝晴「近所の方から白い目で…」】
第7話では朋美と司郎(長谷川朝晴)の関係にも進展がある。司郎と絵美里(田中道子)の不倫現場を目撃した朋美。その後、朋美は本多と不倫するというW不倫状態に…。絵美里に設計事務所を辞めてもらうと朋美に話した司郎だったが、香港出張に絵美里が同行していることが発覚。朋美は何かを決意したかのように、朋美と司郎がツーショットで写る年賀ハガキにライターで火をつけ燃やす――。
朋美を演じる木村多江は「いや、きついですよね。朋美さんかわいそうって思います。長谷川さんが演じる司郎さんもすごくリアルで、ひどい人だなって思ってしまって…」と話した。長谷川もあまりにリアルな優柔不断のダメ不倫夫の役を演じているため「近所の方から白い目でみられてしまっている…」、と近所の方々からダメ不倫夫であると錯覚されているという苦労話を明かした。

W木村を取り巻く人々も次々参戦! 『後妻業』第7話は、今夜放送!

【3月5日(火)放送第7話あらすじ】
「小夜子(木村佳乃)より、私と組みませんか?」―夫の裏切りで失意のどん底に落ち、女としても小夜子に見下されて悔しさがこみ上げる朋美(木村多江)は、何とかして小夜子に勝ちたいと柏木(高橋克典)を誘惑するが、反対に「もう関わらんほうがええ」とくぎを刺されてしまう。その矢先、本多(伊原剛志)から、小夜子が後妻の座を狙っていた笹島(麿赤兒)が亡くなったと聞いた朋美は、これまでの夫同様、小夜子が殺したのだと確信。警察も他殺で捜査を始めると知り、朋美は本多と次の作戦に打って出る。
その頃、小夜子は「この苦しみから解放されたい。早う、死んでしまいたい」とつらそうに話していた笹島のことを思い出していた……。
数日後、朋美と本多に呼び出された小夜子は、朋美の亡き父・耕造(泉谷しげる)の遺産の半分を支払うよう要求される。応じない場合、裁判で争う覚悟がある、更には記者会見まで行う、と小夜子を脅す。そんなことをされれば、マスコミによって小夜子の過去がすべて明るみに出ることは避けられない。話を聞いた柏木は、その脅しが本気だと悟り、慌てる。しかし当の小夜子は気にするそぶりもなく、見合い後、すっかりとりこになってしまった舟山(中条きよし)とのデートに意気揚々。柏木は、そんな浮足立った小夜子の様子に微かな嫉妬心を抱く。
その頃、朋美のマンションには、海外出張を終えた司郎(長谷川晴朝)が帰ってきていた。しかし、その出張に浮気相手を連れていったことを朋美が切り出すと、いたたまれなくなった司郎は再び家を出ていってしまう。ひとり部屋に残された朋美がぼうぜんとしていると、そこへ柏木から電話が--。

『後妻業』
毎週火曜よる9時~9時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
【第7話】3月5日(火)よる9時放送

最強のイケメンじいさん・中条きよしが本領発揮!木村佳乃を落とすテクとは
最強のイケメンじいさん・中条きよしが本領発揮!木村佳乃を落とすテクとは

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索