現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 2019年『第38回 大阪国際女子マラソン』に 福士加代子ら実力選手が出場を表明。

2018年12月21日

2019年『第38回 大阪国際女子マラソン』に 福士加代子ら実力選手が出場を表明。

(C)カンテレ

(C)カンテレ

2019年秋に開催予定の、東京オリンピック代表選手を選考する『マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)』への出場権をかけた、若手や実力者がしのぎを削る国内屈指の高速レース“大阪国際女子マラソン”。この模様を中継でお送りする『カンテレ開局60周年特別番組 奥村組スポーツスペシャル 第38回大阪国際女子マラソン』が、カンテレ・フジテレビ系全国ネットで来年1月27日(日)正午から放送される。そして、12月20日(木)にカンテレ本社で行われた大会記者発表会で、出場選手およびフリーアナウンサーの加藤綾子が昨年に引き続き、中継のMCを務めることが発表された。

記者会見では、招待選手からのコメントVTRが披露された。ケガもあり、2016年のリオ五輪以降マラソンを走っていない福士加代子選手(ワコール)が出場を表明。現在36歳で、再びオリンピックを目指すことについて「マラソンに対して、不完全燃焼だった。モヤっとしたものが常にある」と語った。自身10度目のマラソンでどのような結果を残せるのか注目が集まる。また、2016年名古屋ウィメンズマラソンで名勝負を繰り広げた田中智美選手(第一生命グループ)と小原怜選手(天満屋)が、今度は大阪で火花を散らす。名古屋でのデッドヒートの末、リオ五輪への切符を手に入れたもののメダルには手が届かなかった田中選手。その後、目標を見失い休養に入ったが、「やっぱり結局走りたいんじゃんと思った。東京に向けて頑張るという気持ちに変わっていった」と大阪で新たなスタートを切る。一方の小原選手は、度重なる故障を乗り越え、今年9月にベルリン・マラソンでMGC出場権を獲得しているが「負けたままにしておくのは悔しい」と出場を決意。その他にも、2016、2017年にこの大会で2年連続2位に入っている堀江美里選手(ノーリツ)、前大会を故障で欠場した石井寿美選手(ヤマダ電機)、藤本彩夏選手(京セラ)も、MGC出場権を虎視眈々と狙う。

また、将来有望な実業団若手選手や大学生を世界に輩出してきた“ネクストヒロイン枠”の注目選手も紹介された。大阪府出身の大森菜月選手(ダイハツ)は「マラソンデビューするなら大阪が良いとずっと思っていた。自分の存在感を示したい」とコメント。前回の『大阪ハーフマラソン』で優勝を飾った芦麻生選手(九電工)は、今回はフルマラソンに挑戦。前大会で、トップ集団に食らいつく果敢な走りを披露した棚池穂乃香選手(京都産業大)と水口瞳選手(大阪学院大)は、学生初のMGC出場権獲得に期待がかかる。

会見に出席した大阪陸上競技協会専務理事の竹内章氏は、「今回は何としても6人以上の選手がMGCに進出してもらいたい。そうそうたるメンバーが集まっていると思う」と2020年東京オリンピックにつながる今大会への想いを熱く語った。続いて日本陸上競技連盟・強化委員会マラソン強化戦略プロジェクトリーダー瀬古利彦氏は、「第二の松田選手(前大会優勝者)が出ることを願います。たくさんのMGCへの突破者が出ないことには、本当の意味での女子マラソンの復活とは言えない。ぜひ皆さんも応援して下さい」と、今大会をきっかけとした“女子マラソンの再興”にも期待した。さらに、福士選手に関して「いい練習ができていると聞いている。彼女のようなベテランの選手が後輩の見本になる。本人が36歳でも大丈夫と思えば大丈夫。もう一回復活してほしい。35キロ地点まで残っていたら優勝もあるんじゃないか」と期待を込めた。

さらに、昨年に引き続き、中継のMCに挑戦するフリーアナウンサーの加藤綾子が、「昨年MCを担当させて頂き、『大阪のマラソンの声援って凄い!』と感じ、その声援の大きさは間違いなく選手の皆さんにとっても、大きな力になっていると思います。今回はどんなレースが見られるのか、ぜひ期待したいです」と記者会見にコメントを寄せた。

また、今大会の新たな取り組みとして、“大阪国際女子マラソン ラップチャレンジ”を行うことが発表された。これは、マラソンにおいて本当の勝負どころと言われる30キロ以降の区間で最も存在感を出した選手をたたえようという趣旨で、30キロから35キロまでのラップタイムが最速の選手に対し、賞金50万円(大会最高記録にはプラス50万円)が贈られるもの。国内では初めての取り組みとなる。この取り組みについて瀬古氏は、「30~35キロはペースメーカーが終わって本当は休みたいと思う5キロ。記録が生まれる仕組みになるのでは」とコメントした。

2020年東京五輪マラソン女子日本代表の座を目指し、それぞれの思いがぶつかる『大阪国際女子マラソン』。“待ってろ、東京。”大阪から再び世界に誇る、日本の新たなヒロイン誕生の2時間ドラマをお楽しみに!

【加藤綾子コメント全文】
昨年に続いて今年もMCとして参加させて頂くことになりとても嬉しく思っております。昨年担当させて頂いた印象としては大阪マラソンの声援って凄い!!その声援の大きさは間違いなく選手の皆さんにとっても大きな力になっていると思います。昨年は腹筋女王の松田瑞生選手が初マラソン初優勝というニュースター誕生の年でもありました。今年は大阪の街でどんなレースが見られるのか、2020年東京につながる走りをぜひ期待したいです!

『カンテレ開局60周年特別番組 奥村組スポーツスペシャル 第38回大阪国際女子マラソン』
1月27日(日)ひる12時~午後2時55分 カンテレ・フジテレビ系全国ネット
【解説】
増田明美(スポーツジャーナリスト)
有森裕子(バルセロナ五輪銀メダリスト・アトランタ五輪銅メダリスト)
高橋尚子(シドニー五輪金メダリスト)
千葉真子(パリ世界選手権銅メダリスト)
野口みずき(アテネ五輪金メダリスト)

フリーアナウンサーの加藤綾子が、昨年に引き続き、中継のMCに!
フリーアナウンサーの加藤綾子が、昨年に引き続き、中継のMCに!
フリーアナウンサーの加藤綾子が、昨年に引き続き、中継のMCに!

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索