現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】大忙しの夏を過ごしたHYの近況インタビュー掲載

2018年12月07日

【沖縄】大忙しの夏を過ごしたHYの近況インタビュー掲載



沖縄の音楽シーンを「旅」をテーマにまとめたフリーマガジン「沖縄音楽旅行」の通巻29号が配布されている。

「沖縄音楽旅行」は沖縄県内の音楽シーンで活躍する幸田悟氏がプロデュースするフリーマガジン。幸田氏は自らミュージシャンとしても活動する傍ら、「沖縄音楽旅行」だけでなく、webマガジン「沖縄LOVEweb」のプロデュースをはじめ、沖縄県内の音楽シーンを盛り上げるべくさまざまなシーンで活躍している。

そんな幸田氏の活動の1つである「沖縄音楽旅行」では、県内出身のアーティスト情報はもちろん、インタビュー、沖縄県民が愛する音楽などを紹介している。

今回の表紙のテーマは、「月に舞う」。間もなく新年を迎えるこの時期、2019年を寿ぐ祝いの舞をかたどった。

巻頭の「100 OKI SONG」は、西表島の北に位置する鳩間島が舞台の「鳩間節」。人頭税時代の苦しさとともに、苦境の中でも生産をする喜びとが相まって、感情が表現された内容になっている。

沖縄各地に残る歌碑を探訪する「MUSIC JOURNEY」は、女性2人によるユニット・あがまーみが、名護市にある「やんばるナークニー」の歌碑を訪問。

「100 OKI INTERVIEW」では、8月にベストアルバム『STORY〜HY BEST〜』をリリースしたHYが登場。アルバムについてはもちろん、全国ツアーでファンとともに作り上げた記念オブジェを飾る美術館「HeatY Museum」の設立を決定した。

ほか、BEGIN・島袋優が楽曲を提供した女子シンガー・ソングライター、吉成ゆい、アルバムをリリースした5人組バンド・ジャアバーボンズ、9月にキャリア最高傑作と言われる3枚目のアルバムをドロップしたメカルジン、回を重ねるごとにバンドとしてのグルーヴ感が良くなっていると語るD-51らも誌面を飾る。

今回の「沖縄音楽旅行」にも、多くの“100年先に伝えたいおきなわのうた”が紹介されている。

「沖縄音楽旅行」(Vol.29)
2018年11月15日より配布開始
仕様:サイズA5版(タテ210mm×ヨコ158mm)
ページ:30ページ/カラー:4色
設置店:CDショップ、カフェ、アパレルショップ、ライブハウス、土産品店、リゾートホテル、県外わしたショップなど

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索