現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】沖縄の伝統的な食文化に触発されて生まれた映画『ジーマーミ豆腐』公開

2018年09月12日

【沖縄】沖縄の伝統的な食文化に触発されて生まれた映画『ジーマーミ豆腐』公開



沖縄の食をテーマにした映画『ジーマーミ豆腐』が、9月15日(土)から、沖縄・那覇市の桜坂劇場で公開される。

『ジーマーミ豆腐』は、ラブストーリーを軸に、沖縄の伝統的な食文化、沖縄の心を海外からの視点で描いたラブロマンス。ジェイソン・チャンとクリスチャン・リーが監督・脚本を務めた。

主人公は、地元・沖縄で陶芸家でありダイバーとして生活しているナミ(仲宗根梨乃)。そんな彼女と、失踪により恋人を失ったシンガポール人シェフ・ライアン(ジェイソン・チャン)が恋の物語を紡いでいく。

ナミは心を塞ぎがちなライアンに、「ぬちぐすい、沖縄の言葉で『命の薬』」と伝え、沖縄料理を勧める。伝統的な沖縄料理に心を動かされたライアンは、偏屈な料理人・佐久本に弟子入りをすることになる。

ほか、沖縄料理店「真南風(まはえ)」の主人・佐久本を津嘉山正種が、ライアンの恋人・ユキを山本真理が、それぞれ演じる。

ジェイソン・チャンとクリスチャン・リーが沖縄を訪れた際、沖縄の伝統的な食文化に魅力を感じて脚本を書き上げたという同作。「第10回沖縄国際映画祭」以来となる沖縄での上映に期待が掛かる。

映画『ジーマーミ豆腐』
2018年9月15日(土)〜 沖縄・那覇市「桜坂劇場」で公開
※初日舞台挨拶(13:00上映終了後)あり 登壇予定者:津嘉山正種、仲宗根梨乃、ジェイソン・チャン監督、クリスチャン・リー監督

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索