現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】ティラノサウルスの進化と生態の謎に迫る企画展

2018年07月13日

【沖縄】ティラノサウルスの進化と生態の謎に迫る企画展



沖縄・那覇市の「沖縄県立博物館・美術館」では、7月13日(金)から、「ティラノサウルス展 進化の謎に迫る」がスタートする。期間は、9月9日(金)まで。

「ティラノサウルス展 進化の謎に迫る」は、恐竜の中でもナンバー1の人気を誇るティラノサウルスとその仲間の恐竜の最新研究を基に、その進化と生態の謎に迫る企画展。

会場では、ティラノサウルスの12mを超える全身骨格と、貴重な亜成体と考えられている若いティラノサウルス「ジェーン(愛称)」が公開される。

ほか、始祖鳥である「アーケオプテリクス」、初期の肉食恐竜といわれる「ヘルレラサウルス」、頭部に特徴のある「パキケファロサウルス」、そして、植物食恐竜「トリケラトプス」なども紹介。

期間中には、恐竜に関する講座や体験メニューも行われる。夏休みシーズンとも重なり、賑わいを見せそうだ。

「ティラノサウルス展 進化の謎に迫る」
2018年7月13日(金)〜9月9日(金) 9:00〜18:00(最終入館は17:30)、金土は〜20:00(最終入館は19:30) 一般1,200円、高大学生1,000円、小・中学生800円、3歳〜小学生未満300円 沖縄・那覇市「沖縄県立博物館・美術館」で開催
※休館日:毎週月曜、7月17日(火)
※7月16日(月・祝)の「海の日」は開館

【関連イベント】
「博物館文化講座 第493回 講演会『日本の恐竜化石-篠山層群の化石を中心として-』」
2018年7月14日(土) 13:30開場/14:00〜16:00 入場無料 沖縄・那覇市「沖縄県立博物館・美術館」内「講堂」で開催
講師:三枝春生氏(兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 准教授)
※定員200人、当日先着順

「博物館文化講座 第494回 講演会『最新恐竜学』」
2018年8月18日(土) 13:30開場/14:00〜16:00 入場無料 沖縄・那覇市「沖縄県立博物館・美術館」内「講堂」で開催
講師:真鍋真氏(国立科学博物館、標本資料センター・ディレクター 分子生物多様性研究資料センター・センター長)
※定員200人、当日先着順

「ワークショップ『化石のレプリカ作り体験』」
2018年8月18日(土)〜8月19日(日) 各日10:00〜、12:30〜 参加費無料 沖縄・那覇市「沖縄県立博物館・美術館」内「博物館自習室」で開催
講師:廣瀬浩司氏(天草市立御所浦白亜紀資料館 学芸員)
※定員30人、当日先着順

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索