現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 火9ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』 豪華キャスト6名による制作発表会見!

2018年07月09日

火9ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』 豪華キャスト6名による制作発表会見!

(C)カンテレ

(C)カンテレ

7月9日(月)、都内でドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(7月17日(火)夜9時スタート)の制作発表が行われ、出演者の吉岡里帆、井浦新、川栄李奈、山田裕貴、田中圭、遠藤憲一が登壇した。

ドラマの原作は、“生活保護”のリアルな実態に切り込み、福祉の現場からも高い評価を受けるコミック「健康で文化的な最低限度の生活」(作者:柏木ハルコ)。安定を求めて公務員になった義経えみる(吉岡里帆)だったが、区役所での最初の配属先は、“生活保護受給者”を支援する福祉課。壮絶な現実に戸惑いながらも奮闘、成長していくヒューマンお仕事ドラマだ。

舞台挨拶で、6人は、ドラマの主題歌・AAAの「Tommorrow 」にのって登場。

何事にも一生懸命でまっすぐな新人ケースワーカー役の義経えみる役・吉岡は「明るく前向きで、夏にぴったりの作品です。シビアな内容でもありますが、温かみや人間の大事な部分を丁寧に描き出そうとしています。毎日、明るい青空の下で、または熱量のある生活課のスタジオで撮影しています。一つひとつ積み重ねたシーンは一つにつながった時、必ず見てくださるみなさんに届くものになると信じています。どうぞ楽しみにしてください」と、作品の出来映えに自信ありの表情。
えみるの指導係の先輩ベテランケースワーカー、ちょっと“不思議さん”でもある半田明伸役の井浦は、「すこしでも元気が湧いて、生きる勇気が湧いてくるような、背中を押せるような、そんなドラマに仕上げられるようがんばります。心を込めて演じていくにふさわしい作品だと思います」とコメントし、さらに、頭脳明晰なえみるの同期、栗橋千奈役の川栄は、「わたしの役は、人に寄り添って対話するえみるとは違い、自分の知識をぶつけてしまい、人に寄り添うのが苦手で、えみるのことをどこかでいいなあと思っている子です。同期のケースワーカーのみんなは個性が強く、それがいい意味でシーンに生きています。早く見てほしいです。難しいセリフがズラーッと並んでいるので覚えるのが大変です」、イケメンでマザコン、熱血新人ケースワーカー、七条竜一役の山田は、「今回のお話をいただいた時、ちょうど、生きるのって本当に大変だなって、お金がかかるなって思っていました。でも、小さな幸せを見過ごしていたなと気づきました。友だちや家族とごはんが食べられて幸せだなって。小さな幸せに気づかせてくれるドラマだと思うので、多くの方に見てほしいです。ケースワーカーの仕事にも目を向けてもらえたらと思います」、とまじめなコメントに拍手がおこる場面も。
また、お金や制度にシビアなえみるの上司、京極大輝役の田中は、「井浦さんの演じる半田と同じで上司役ですが、物の見方が違って、どちらかというと反対側からみんなに指導していく立場です。説明ゼリフが多いポジションなので、覚えるのがちょっときついですが、みなさんよりロケがすくないぶん、ビシッと覚えて、ビシッと一発本番で終わらせられるようがんばります。みなさんと熱い夏が過ごせそうです」と続き、最後は、えみるが初めて深くかかわる生活保護受給者、阿久沢正男役の遠藤は、「この役はそうとう変わっています。仕事にあぶれていても外に出る時はこの一張羅のスーツ。キャラクターも変わっていて、受給者はみんなこんな感じではないです。違うじゃないかと思う方は、役づくりした遠藤憲一に批判の声をください。楽しいのは、吉岡ちゃんとの絡みが多く、常に励ましてくれることです。可愛いえみるに常に励まされて幸せな毎日を送っています」と終始笑顔だった。

クラインインから一カ月経ち、すっかり意気投合している6人。山田と遠藤が、現場で流行っているという、お笑い芸人“こがけん”のネタを披露する息の合った、和気あいあいの会となった。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』は、7月13日(火)夜9時スタート。初回は20分拡大でお届け。

2018年7月期 毎週火曜よる9時~9時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
『健康で文化的な最低限度の生活』
【第1話】7月17日(火)9時~10時14分(初回20分拡大)

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索