現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】「第10回沖縄国際映画祭」で阿部寛主演の映画『のみとり侍』が特別招待作品に

2018年04月14日

【沖縄】「第10回沖縄国際映画祭」で阿部寛主演の映画『のみとり侍』が特別招待作品に

(C)2018「のみとり侍」製作委員会

(C)2018「のみとり侍」製作委員会



「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」が、4月19日(木)から4月22日(日)まで、沖縄県内全域で開催。その特別招待作品として、阿部寛主演の映画『のみとり侍』が上映される。

『のみとり侍』は、映画『後妻業の女』の監督・鶴橋康夫氏が、約40年もの間、映画化を熱望し続けた作品。江戸の浮世を懸命に生きた侍が本物の愛と人情に出合う物語となっている。

阿部寛は、生真面目過ぎる性格が災いして上司の逆鱗に触れ、猫の“のみとり業”に左遷されてしまったエリート藩士・小林寛之進を演じる。ほか、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝ら個性豊かな豪華俳優陣が集結した。

今回の上映は、「『のみとり侍』琉球プレミア~沖縄完成披露試写会~」と題して、4月21日(土)に、沖縄・北谷町(ちゃたんちょう)の「ミハマ7プレックス」にて上映される。

「『のみとり侍』琉球プレミア~沖縄完成披露試写会~」
2018年4月21日(土) 開場14:40/15:00 〜17:10 沖縄・北谷町(ちゃたんちょう)の「ミハマ7プレックス」にて上映
※観覧は4月15日(日)23:59までの事前登録制。よしもとIDへの登録・ログインが必要

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索