現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 小栗旬主演ドラマの第1話総合視聴率が、 昨年の調査開始以来、最高値の23.6%を記録!

2017年04月20日

小栗旬主演ドラマの第1話総合視聴率が、 昨年の調査開始以来、最高値の23.6%を記録!

(C)カンテレ

(C)カンテレ

カンテレ・フジテレビ系全国ネットにて放送している火曜夜9:00連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』。主演の小栗旬が演じる稲見、西島秀俊が演じる田丸が所属する公安機動捜査隊特捜班の活躍を、直木賞作家の金城一紀が描いた骨太なアクションエンターテインメント。2017年4月11日(火)放送の第1話では、平均視聴率(リアルタイム視聴率)が関東地区で13.9%、関西地区で18.4%を記録。また本日、ビデオリサーチ社より本ドラマ第1話の関東地区での総合視聴率が、23.6%を記録したことが公表された。

タイムシフト(録画)視聴率は11.0%を記録し、こちらにリアルタイム視聴率13.9%を合算し、重複分を除いて算出された今回の総合視聴率。昨年10月期の「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」、今年1月期の「嘘の戦争」と大きな話題を呼んできたカンテレ制作の火曜夜9:00枠の連続ドラマとしては、2016年10月の計測開始以降で最も高い数値(これまでの最高は2017年3月14日(火)放送の「嘘の戦争」最終話の19.9%)となり、小栗旬と西島秀俊の圧巻のアクションや直木賞作家・金城一紀が描いた衝撃のストーリーが大きな注目を浴びたことを改めて示す結果となった。

第1話は、外務大臣の息子が何者かに拉致され、首に爆弾を巻かれた状態で発見される事件が発生。命と引き換えに大臣の公開謝罪を要求する犯人に対して、稲見(小栗)、田丸(西島)、吉永(田中哲司)、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)で構成される公安機動捜査隊特捜班が、事件を秘密裏に解決するべく現場に向かう…というストーリーだった。

4月25日(火)放送の第3話では、白昼堂々、マスコミの目の前で大物政治家が襲撃される事件が発生。犯行声明文を出したのは、権力の悪用を断罪する謎のテロ組織「平成維新軍」だった。稲見と田丸をはじめとする特捜班は、拳銃を所持する犯人を相手に捜査を進めていく…というストーリー。徐々に明らかになる事実や散りばめられた伏線、そして小栗と西島が繰り広げる迫力のアクションシーンによって、回を追うごとに面白さが増していく「規格外」のドラマに今後も注目だ。

【公式WEBアカウントについて】
・公式HP www.ktv.jp/crisis/
・Twitter公式アカウント @crisis_ktv
・LINE公式アカウント @crisis

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」
2017年4月期 毎週火曜夜9:00~9:54 カンテレ・フジテレビ系全国ネットにて放送
【出演】小栗旬 西島秀俊 田中哲司 野間口徹 新木優子/石田ゆり子 飯田基祐 眞島秀和 野崎萌香/長塚京三
【原案・脚本】金城一紀

小栗旬主演ドラマの第1話総合視聴率が、 昨年の調査開始以来、最高値の23.6%を記録!
小栗旬主演ドラマの第1話総合視聴率が、 昨年の調査開始以来、最高値の23.6%を記録!

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索