現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】夏でも冷え冷えの「直火請福」木樽ジョッキが発売

2017年03月20日

【沖縄】夏でも冷え冷えの「直火請福」木樽ジョッキが発売



東京・下北沢にある「URAKITA工房」は、3月18日(土)から、沖縄・石垣市に拠点を構える「請福酒造」とコラボした「直火請福 木樽ジョッキ(ジカビセイフク・キダルジョッキ)」を発売する。

「直火請福」は石垣島を中心に、八重山地方で広く親しまれている泡盛。請福酒造は昭和24年創業の老舗蔵元で、伝統的な製法を重んじつつも、現代的ニーズに合わせた商品開発に提供がある。

今回の木樽ジョッキでは、「直火請福」のイメージカラーである鮮やかな黄色が施されている。ジョッキ正面には「直火請福」のロゴを精細に彫刻。本物の木で製作しているため、冷たさが長く持ち、結露しにくいという特徴がある。

沖縄県民の“あるある”として、お酒のジョッキの下におしぼりを敷く光景が見られるが、今回のジョッキは結露しにくいという特性上、おしぼりを敷かずともお酒を楽しめる。

サイズは、普段使いに最適な380ミリリットルと、宴会で活躍しそうな1リットルの2タイプ。取っ手の有無も選べるようになっている。

発売日となる3月18日は、八重山地方の海開きの日。南国の夏空の下、清涼感溢れる木樽ジョッキで乾杯しよう。

「直火請福 木樽ジョッキ」
2017年3月18日(土)発売
【タイプ別定価】
取手無し380ミリリットル 4,212円
取手無し1リットル 7,452円
取手付き380ミリリットル 5,184円
取手付き1リットル 8,424円
※いずれも税込

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索