現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【東京】銀座わしたショップで初の宮古島&石垣島海鮮フェア

2017年02月15日

【東京】銀座わしたショップで初の宮古島&石垣島海鮮フェア



東京・銀座の「銀座わしたショップ本店」では、2月17日(金)から、「海の幸フェア」を開催する。期間は、2月26日(日)まで。

「海の幸フェア」は、同店の開店23周年祭特別企画として銀座わしたショップ本店に限定したイベント。同店初登場の宮古島、石垣島の新鮮な海の幸・特産品を集めた企画になっている。

フェアでは、マングローブに生きるガサミ、石垣島産くるまえびなど、地元で愛される食材を期間限定で販売。また、地元生産者と共に、調理方法や食材の魅力も楽しめる内容になっている。また、期間中の2月18日(土)には、「伊良部島特産品売り込み隊」が伊良部島の魅力を伝えに駆け付ける。

伊良部島の「蟹蔵」は「マングローブ蟹(アメノコギリガサミ)」を販売(販売品は冷凍。約1kg8,000円)。そして、当日は実際にマングローブ蟹も展示する。凶暴と言われているマングローブに生息する生きたガサミを間近で見られる貴重な機会となりそうだ。

そして、「友利かつお加工場」の「鰹なまり節」は、鰹節になる前の状態で、釜揚げした鰹を少し強めにスモークしたような商品(大1,000円、中750円、小350円)。地元では味噌汁やチャンプルーの具として親しまれている。また、サラダの具や煮物など幅広い使い道があるのも特徴だ。

「合同会社RIB」の「しっとり鰹フレーク旨辛」は、島内でも人気で品切れになる、島唐辛子のピリ辛が癖になる鰹フレーク(120g、630円)。温かいご飯のお供としてはもちろん、麺類、きゅうりなどの生野菜と絡めるだけで絶品料理が出来上がる。

さらに、創業1946年という歴史を誇る「渡久山酒造」も。人気の「豊年」に加え、「渡久山研悟」(杜氏として初めて仕込んだ古酒)、宮古島の青い海、ゆったりと流れる時間をイメージして命名された「ゆら」など、自慢の酒を試飲・販売(「渡久山研吾」720ml・3,000円、「琉球泡盛ゆら」720ml・1,620円)。美しい海に囲まれた伊良部島の地下水で造る泡盛となっている。

期間中は、イートインで食べられる期間限定メニューも用意。「伊良部島かつお旨辛漬『からソバ』」(800円)は、沖縄産ゴーヤー、ハンダマなどの島野菜と、伊良部島かつお旨辛漬けを沖縄そばにトッピング。汁なしで混ぜて食べる沖縄そばで、かつおの旨味と野菜のあっさり感が絶妙にマッチしている。

「石垣島産くるまえび『串揚げ天ぷら』」(200円)は、石垣島産のくるまえびをまるごと天ぷらに。頭の先から尻尾まで丸ごと食べられ、オリオンビールのつまみに最適だ。

ほか、石垣島産くるまえび、ソデイカ燻製、味付け烏賊(ぴにおん)など、宮古島、石垣島の逸品を期間限定で販売する。

南の島の逸品たちを都内で味わえる貴重な機会となりそうだ。

「銀座わしたショップ本店23周年祭 海の幸フェア」
2017年2月17日(金)~2月26日(日) 10:30~20:00 東京・銀座「銀座わしたショップ本店」にて開催

「銀座わしたショップ本店」
住所:東京都中央区銀座1−3−9 マルイト銀座ビル1階・地下1階
電話:03-3535-6991

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索

テレビ番組アクセスランキング

2017年02月13日~02月19日

2017年02月20日更新

ランキング一覧を見る