現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】モスバーガースタッフが協力農家で収穫体験。3日間限定の産直バーガー販売も!

2017年01月26日

【沖縄】モスバーガースタッフが協力農家で収穫体験。3日間限定の産直バーガー販売も!

コンテナいっぱいの採れたてトマトと記念写真

コンテナいっぱいの採れたてトマトと記念写真

1月26日(木)、沖縄県内にあるモスバーガーの店長やスタッフが、豊見城市(とみぐすくし)のモス協力農家を訪ねてトマトの収穫体験を行った。

本イベントは産地直送トマトを味わえる「モスの産直野菜フェスタ」で使用するトマトの収穫イベントで、今回が3回目となる。店舗スタッフが自らトマトを収穫し、配送するまでを体験する内容で、県内各店舗から店長やスタッフら30名がJA沖縄豊見城支店に集まった。

JA沖縄豊見城支店の大城さんから「畑での作業ですので、ぬかるみでの転倒やけがの無いように」と注意事項が述べられた後、参加者たちは二つのグループに分かれて、車で約20分ほど離れた協力農家の畑へ移動。

農家の外間さんが管理する約500坪の畑では、ビニールハウスがいくつも並び、その中で2500本の色づいたトマトが実っていた。参加者は収穫方法や注意点の講習を受け、収穫作業へ。デリケートで手間のかかる分、大切に育てられたトマトを参加者は傷つけないように手で優しく持ち、慎重に回転させながら枝から切り離し収穫した。赤みがかったトマトを手にすると皆笑顔に。

収穫した後は、トマトとともに選果場へ移動。梱包用の箱を組み立て、ベルトコンベアで流れてくるトマトをサイズ別に振り分ける作業を行った。サイズはSから3Lまであり、JA職員のアドバイスも受けながら見極めていた。参加者は形の異なるトマトの箱詰めに苦戦しながらも、終始楽しんでいる様子だった。

イベントの最後には収穫して梱包されたトマトをそれぞれの店舗スタッフが受け取り、新鮮な状態で各店舗へ持ち帰った。首里石嶺店の店長・屋比久(やびく)さんは「年に一度のイベントで、毎年楽しみにしている。普段使用する野菜の生産者と接する事ができて嬉しい」と、収穫と生産者との交流に充実した様子だった。

1月27日(金)~1月29日(日)の間、JA豊見城店の新鮮トマトを使用した「デラックスモスバーガー ダブルトマト」(650円)と「デラックスモスチーズバーガー ダブルトマト」(680円)を期間限定販売する。また、1月27日(金)には、店舗利用者先着30名に「ちゅらとまと」L玉1個をプレゼント。さらに、1月28日(土)には県内4店舗(沖縄西原店、那覇新都心店、那覇壺屋店、首里石嶺店)で産直野菜の朝市も開催する。

ぜひ、この機会に県内農家が育てた新鮮トマトや野菜たちを、モスバーガー自慢のハンバーガーで堪能してみよう。

「モスバーガー 沖縄西原店」
住所:沖縄県中頭郡西原町字上原186-1
電話:098-944-1711

「モスバーガー 那覇新都心店」
住所:沖縄県那覇市銘苅2丁目1-22
電話:098-941-4939

「モスバーガー 那覇壺屋店」
住所:沖縄県那覇市壺屋2丁目24-14
電話:098-835-9891

「モスバーガー 首里石嶺店」
住所:沖縄県那覇市首里石嶺町4丁目242-4
電話:098-887-7755

みずみずしくツヤのあるフレッシュトマト
協力農家・外間さんの指示のもと収穫スタート
収穫の様子
子どもたちもお手伝い
楽しげな参加者たち
コンテナに詰めたら選果場へ
サイズ別に仕分ける梱包作業
収穫したトマトと記念撮影
「デラックスモスバーガー ダブルトマト」(650円)
「デラックスモスチーズバーガー ダブルトマト」(680円)

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索