現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【島ぜんぶでおーきな祭】斎藤工が主演作「虎影」を引っ提げ沖縄国際映画祭に初参加!「やっと来れた」と感慨深げ

2015年03月28日

【島ぜんぶでおーきな祭】斎藤工が主演作「虎影」を引っ提げ沖縄国際映画祭に初参加!「やっと来れた」と感慨深げ

 沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 -第7回沖縄国際映画祭-」。4日目となる3月28日(土)、主演作「虎影」の上映と舞台あいさつを控えた斎藤工の合同記者会見が開かれた。

 映画「虎影」は、現役忍者を退き、里で家族と平和に暮らしていた男が、財宝を奪い合う欲望の渦に巻き込まれ、愛する妻と息子を救うため再び刀を抜くというアクションエンターテインメント。かつて最強と呼ばれた忍者・虎影を演じ、激しいアクションに挑んだ斎藤は、「撮影現場ではみんなあざだらけになって大変でした。アクションもすごいですが、家族・親子の絆といった今の時代に大事な、本質的なものがきちんと描かれている映画だと思います」と映画の見どころを紹介。

 主演ドラマ「医師たちの恋愛事情」の放送開始(4月9日~)も控え、最も注目を集める俳優の一人である斎藤だが、もともと映画制作に興味があり、本作の西村喜廣監督とも長いつきあいがあったという。「西村監督は、海外で特に人気の高いクリーエーターで、僕はいち映画ファンとして“日本が追いつくのはいつなんだ”と思っていたほど。恩返しの意味も込めて、監督の映画で主役を演じられるならと快諾しました」と出演のきっかけを明かした。

 そんな映画通の斎藤は、本作にちなみ自身の好きな忍者作品の一つとして「仮面の忍者 赤影」を挙げ、「この映画を観た子どもたちが、なりたい職業欄に“忍者”と書いてくれたらうれしいですね」と笑顔で話す。

 またドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」が、現在、中国でも人気となっているそうで、当日は中国や台湾など海外からの取材陣も同席。海外の記者から、ドラマで定着した“色気”というイメージについても質問されると、「自分の要素のひとつとしてはありがたく認識していますが、役者としてはいつも意外性を持って、毎回イメージを払しょくしていきたいという思いはあります。自分を客観的に見て常におもしろくありたいし、それが役者の鮮度だと思っています」と現在の自分を冷静に分析。「虎影という役も意外性のひとつになっていると思います」と振り返った。

 沖縄国際映画祭への初参加については「映画ファンとしていつか来たいと思ってましたが、やっと来ることができました」と感慨も深い様子。「役者を15年やってきて、昨年は色々とやってきたことが形になった1年。日本という範囲を超えて、さらに大きくステージを広げていければと思っています」とこれからの大きな目標を掲げ、「いつか“映画”という共通項をもとにして、色々な国の人と映画を作りたい」「映画で旅をしたい」と話し、最後まで溢れる映画愛を語った。

 映画「虎影」は6月20日(土)から全国ロードショー。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索