現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】ミニアルバム『That’s ON』で2015年のスタートを切ったシベスカが熱い思いを告白!

2015年02月27日

【沖縄】ミニアルバム『That’s ON』で2015年のスタートを切ったシベスカが熱い思いを告白!





【じゃらん】沖縄のホテル・宿の予約

“沖縄のアーティストがアテンドする沖縄音楽旅行本”として刊行を続けているフリーマガジン「沖縄音楽旅行」の第14号が発刊され、現在、配布中。

「沖縄音楽旅行」は沖縄県内の音楽シーンで活躍する幸田悟氏がプロデュースするフリーマガジン。幸田氏は自らミュージシャンとしても活動する傍ら、「沖縄音楽旅行」だけでなく、webマガジン「沖縄LOVEweb」のプロデュースをはじめ、沖縄県内の音楽シーンを盛り上げるべくさまざまなシーンで活躍している。

そんな幸田氏の活動の1つである「沖縄音楽旅行」では、県内出身のアーティスト情報はもちろん、インタビュー、沖縄県民が愛する音楽などを紹介している。

今号は、冬が終わり、大地の草花が芽生えていく季節を指す「うりずん」をテーマに、ハイビスカスと“蝶”を意味するハーベールーをかたどった表紙となっている。

巻頭の「100 OKI SONG」は、琉球舞踊の中でも最も荘厳で優美な演目の1つ「四つ竹(ゆちだき)」をピックアップ。両手に2枚ずつ握り、手のひらを開閉することで打ち鳴らす四つ竹を巧みに操り、演舞する姿が写真家・ジャン松元氏の“グッドロケーションフォト”で綴られる。琉装の鮮やかな彩りが際立つ写真が何とも美しい。

民謡歌手・掘内歌奈子が沖縄の歌碑を巡る「MUSIC JOURNEY」は、うるま市の「浜千鳥」にスポットを当てる。掘内が「演者の私にとっても思い入れの深い歌」と明言する歌の背景に思いを馳せる。

ミュージシャンインタビューでは、映画『ハルサーエイカー THE MOVIE エイカーズ』の主題歌を担当した沖縄出身のバンド・Civilian Skunkが登場。年間100本以上のライブをこなす彼らが、1月にリリースしたミニアルバム『That’s ON』について語る。

ほか、ライブでも圧倒的な人気を誇るSAKISHIMA meeting、3月に世界遺産・中城城跡でフェスを主催する當山貴史、ベストアルバムを発表した大城クラウディアのインタビューも掲載。

ほか、HYのコラム「HYのいまむん広場」は、メンバーの宮里悠平が2015年を迎えた心境を綴る。

今号も沖縄の音楽の今が詰まった充実の内容に仕上がっている。

「沖縄音楽旅行」(Vol.14)
配布中
仕様:サイズA5版(タテ210mm×ヨコ158mm)
ページ:30ページ/カラー:4色
設置店:CDショップ、カフェ、アパレルショップ、ライブハウス、
土産品店、リゾートホテル、県外わしたショップなど約200店舗

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索