現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】スランプを乗り越えて新作誕生!かりゆし58が全曲セルフ解説で想いを語る

2014年11月22日

【沖縄】スランプを乗り越えて新作誕生!かりゆし58が全曲セルフ解説で想いを語る





【じゃらん】沖縄のホテル・宿の予約

“沖縄のアーティストがアテンドする沖縄音楽旅行本”として刊行を続けているフリーマガジン「沖縄音楽旅行」の第13号が発刊され、現在、配布中。

「沖縄音楽旅行」は沖縄県内の音楽シーンで活躍する幸田悟氏がプロデュースするフリーマガジン。幸田氏は自らミュージシャンとしても活動する傍ら、「沖縄音楽旅行」だけでなく、webマガジン「沖縄LOVEweb」のプロデュースをはじめ、沖縄県内の音楽シーンを盛り上げるべくさまざまなシーンで活躍している。そんな幸田氏の活動の1つである「沖縄音楽旅行」では、県内出身のアーティスト情報はもちろん、インタビュー、沖縄県民が愛する音楽などを紹介している。

今号は、年末ということで、2015年の飛躍を祈念すべく「鳳凰」がかたどられた表紙となっている。

巻頭の「100 OKI SONG」は、写真家・ジャン松元氏の“グッドロケーションフォト”とともに、沖縄の祝宴で欠かせない「かぎやで(かじゃでぃ)風節」を紹介。11月末からの琉球村は同曲がテーマ。2015年2月までの期間、不定期で「かぎやで風節」の実演も予定している。

沖縄の歌碑を巡る「MUSIC JOURNEY」は、掘内歌奈子が恩納村(おんなそん)出身の女性歌人・恩納ナビーによる「恩納節」の歌碑を訪問。ナビーの琉歌の中で特に多くの共感を呼んだ3首をピックアップし、恩納節の歌碑、恩納ナビー生誕の地碑、人気観光スポットの1つ・万座毛(まんざもう)を訪れる。

ミュージシャンインタビューでは、全国区で活躍するかりゆし58が登場。10月に発売されたアルバム『大金星』をテーマに、全曲セルフ解説のほか、アルバムにこめた想いを語る。

また、新作『はじめての海』で“進化・深化”した上間綾乃、新作を、自身の出身地である鹿児島・沖永良部島と沖縄本島で録音した大山百合香のインタビューも。

ほか、HYのコラム「HYのいまむん広場」は、台風で延期となってしまった「HY SKY Fes 2014」(11月29日[土]、うるま市与那城多種目球技場野外ステージ)のほか、12月3日(水)にリリースされるアルバム『LOVER』について語る。“高知県観光特使”として高知移住を決めたジョアバーボンズの連載コラム「ジョアバーボンズの高知家通信」が今月からスタート。第1回はリーダーでベースを担当する大湾が近況を綴っている。

沖縄の音楽情報が詰まった全30ページ。なくなる前に入手しよう。

「沖縄音楽旅行」(Vol.13)
2014年11月15日(土)より配布開始
仕様:サイズA5版(タテ210mm×ヨコ158mm)
ページ:30ページ/カラー:4色
設置店:CDショップ、カフェ、アパレルショップ、ライブハウス、
土産品店、リゾートホテル、県外わしたショップなど約200店舗

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索