現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】レジェンド・コラボ!?「琉神マブヤー」最新作の主題歌は紫(MURASAKI)に決定

2012年08月27日

【沖縄】レジェンド・コラボ!?「琉神マブヤー」最新作の主題歌は紫(MURASAKI)に決定

沖縄県生まれのヒーロー・琉神マブヤーの最新シリーズ「琉神マブヤー1972レジェンド」が10月6日(土)から琉球放送(RBC)、TOKYO MXで放送される。このたび、その主題歌を、沖縄のロック界の重鎮である紫(MURASAKI)が務めることが発表された。楽曲はドラマタイトルと同様、「琉神マブヤー1972レジェンド」で、10月30日(火)にリリースされる。

このドラマは、2008年に第1シリーズが放送された「琉神マブヤー」の最新シリーズで、テレビシリーズとしては第5弾となる。今年1月には、山田親太朗、ISSAのダブル主演で劇場版も公開された人気作だ。

今作の舞台は、多くのウチナーンチュ(沖縄県民)が“本土に追いつけ、追い越せ”をモットーに、その影響で地元の文化や歴史を軽視する風潮にあった1972年の沖縄。本土復帰前夜、ひょんなことから「マブヤー」と「ガナシー」のマブイを宿した“基地の街”コザに住む2人の青年、朝基(ちょうき・與座和志)と盛仁(せいじん・高江洲良)が、沖縄の神様・森の大主(うふぬし)の使いである・クイナ(棚原里帆)とともに、マジムンたちに挑む。

そして、主題歌を担当する紫(MURASAKI)は、1970年に結成されたロック・バンド。数回のメンバーチェンジを繰り返しながらも、今なお沖縄のロック界を牽引し続け、若いバンドとともにフェスなどを盛り上げている。

本土復帰で揺れる中、1972年前後の沖縄の音楽シーンは、米兵相手に本気で激しい演奏をする“オキナワン・ハード・ロック”が全盛の時代だった。明日の命をも知れない米兵を満足させるべく、本気の演奏が求められる中で彼らのようなバンドマンのテクニックやパフォーマンス力が磨かれていき、独特の音楽シーンが形成されていった。紫(MURASAKI)はその当時からまさにシーンの牽引者的に頭角を示していたバンドだ。

まさに沖縄音楽の“レジェンド”とのコラボで、ドラマ「琉神マブヤー1972レジェンド」に“沖縄の魂(マブイ)”がまた1つ込められた。

ドラマ「琉神マブヤー1972レジェンド」
2012年10月6日(土)スタート 毎週土曜 7:00~7:29 RBCで放送
2012年10月6日(土)スタート 毎週土曜 18:30~18:59 TOKYO MXで放送

主題歌「琉神マブヤー1972レジェンド」
2012年10月30日(火)発売 1000円(税込) テイチクエンタテインメント

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索