現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【連載/沖縄エンタんちゅ⑧】きいやま商店(アーティスト)

2012年03月03日

【連載/沖縄エンタんちゅ⑧】きいやま商店(アーティスト)

石垣島出身の崎枝亮作(以下/リョーサ)と崎枝将人(以下/マスト)の兄弟に、いとこの崎枝大樹(以下/だいちゃん)という、“崎枝一族”で構成されたユニット「きいやま商店」。3人それぞれが作詞・作曲を手がける楽曲は、コミカルでローカル感あふれる作品が多い。ライブパフォーマンスもまさにコメディー! 時にはダンスやラップで会場を盛り上げ、ライブのほとんどを占めちゃう!? 爆笑トークも満載だ。そんな彼らのルーツやライブパフォーマンスなどについて話を伺った。

――音楽を始めたきっかけは?
だいちゃん:僕らが中学生の頃はいわゆる「バンドブーム」で、イカ天・ホコ天の時代ですよね。みんなバンド組んでたので、それに乗っかった感じで。

――バンド組んでモテたいのが目的?
だいちゃん:いやいや、そんなのはなくて。3人ともそうなんですけど、とにかく目立ちたくて。でもまさか3人でやるとは思わなかったねー。

――いとこと兄弟でバンドを組んでるのってめずらしいですよね?
マスト:うちのばあちゃんが言ってたけど、昔からいとこ同士って、大人になるにつれて仲が悪くなるらしい。

――えっ、そうなんですか?
マスト:「いとこは仲が悪くなる」っていう方言もあるみたいで。だから、めずらしいねーって。
だいちゃん:僕らのお父さんが兄弟なんですけど、めちゃくちゃ仲がいいんですよ。それもあるかも。子どもの頃から一緒に居たんで。

――小さいころからよく顔を合せてたんですね
リョーサ:島だからしょっちゅう会う。
だいちゃん:何かあったらばあちゃん家に集まるし。

――きいやま商店を結成することになったきっかけは?
リョーサ:大学進学をきっかけに、島を離れてずっと福岡にいたんですよ。で、僕が32歳になった時、僕がフッチャー(長男)だから、沖縄ってフッチャーは仏壇を見ないといけないでしょ? だから、音楽をやめて島に帰ろうって。で、帰る前にそれぞれでやっていたバンドでライブがしたくて。東京でやることになったんだけど、バンドのスケジュールが合わなくて。バンドとしてじゃなく、3人ならできるだろうってことになって、1回限りのライブをして。

――1回だけ?
リョーサ:そう。だからそのあとすぐ解散して。だけど、そのライブの評判がすごい良くて。で、ライブの翌月だったかな? 石垣島に帰った時にいとこの結婚式があって、それに3人が出席することになって。
だいちゃん:その時に「東京でライブしたのに石垣ではやらないの?」って言われて。ちょうど3人揃ってたし。
リョーサ:やったらまたこれが。すごい評判良くて。で、「大阪に来て」とか「福岡に来て」とかいろいろ呼ばれるようになっていって。
だいちゃん:そうそう。それから、専門学校のCMの話が来たから、じゃあちゃんとレコーディングしないといけないねってことになって、ミニアルバムも作ることになって。そこからいろんなところに行って、そのまま今に至る感じで。

――きいやま商店の名前の由来は?
マスト:「土曜日のそば」のばあちゃんがまちゃーぐぁー(商店)をしてて。その店の名前が「きいやま商店」。

――それをずっと1回限りのライブからバンド名として使ってるわけですね
リョーサ:そう。名前を何にしようかってなった時に、ばあちゃんの店の名前でいいんじゃない? って。1回きりだし。そしたらどんどん「きいやま商店」のライブが多くなって。今、ばあちゃんの店に観光客がいっぱい来るみたい。ばあちゃんも、僕らのファンとか、ライブを見てくれた人が訪ねて来てくれるのがうれしいって。

――きいやま商店の名前もそうですけど、島を大事にしてるというか。歌詞もローカル色豊かな感じで。
「バーピーポン」とかは特に方言が歌詞にいっぱい出てきますよね。
リョーサ:「バーピーポン」の“バー”は自分で、“ピー”はおなら。“ポン”はおならの音。「自分のおならがぽん!」。で、歌詞の“ピスカ”がおならをしたらで、“ワー”があなたで、“フォン”が食べるって意味。つなげると「おならしたらあなた食べますか」って意味なんです。その後、“ワー ファーナカ バー フォン”が「いいえ。私は食べれません」って続くわけですよ。

――そんな歌詞ってどうやって考えるんですか?
だいちゃん:僕らも全然意味が分からなかったんですけど、方言講座みたいな感じで作ったらおもしろいんじゃないかと。これは昔の方言を使った言葉遊びだったみたいですね。だから、ばあちゃんとかが「懐かしいねー」って言って喜んでくれる。

――歌詞もおもしろいんですが、ライブもかなりおもしろいですよね。特に3人のすべらない話を楽しみにされている方も多いみたいで。ひとつ聞かせてもらってもいいですか?(笑)
リョーサ:話の8割下ネタですけど。

――そこは、下ネタ以外でひとつ!
マスト:あれ、いっとこか「リスボン」。(話が)きれいだし。
だいちゃん:「リスボン」ってスナックが石垣島にあるんですよ。僕らも子どもの頃から父親に連れられて行ってたんですけど。そのスナックは昔ながらの小さなところで、60、70歳ぐらいのママさんがいるんですけど。そのママさんが天然で。5年ぐらい前に里帰りした時、父親と久しぶりに「リスボン」に行ったんですね。そしたら店の中に犬を飼っているんですよ。

――それ、ヤバくないですか?
だいちゃん:僕もびっくりして、まっ白い犬だったんですけど「犬の名前は?」ってママさんに聞いたら、ママがね「うん、白いから“ヤギ”って」(笑)。
マスト:犬の名前を“ヤキ”と付けたの?
リョーサ:斬新!
だいちゃん:もう今は“ヤギ”はいなくなったんですけど。

――えっ、“ヤギ”はどこにいったんですか?
だいちゃん:うーん、食べたのかな?
マスト・リョーサ:えー。(ツッコミ)

――話を戻して(笑)。今度、3月4日(日)にワンマンコンサート「きいやま商店の桜が咲く前コンサートin桜坂劇場」を行いますが、意気込みをどうぞ!
マスト:今回の会場は桜坂劇場ということもあり、ゆっくりと楽しめると思うのでぜひ遊びに来てください。

【イベント情報】
「きいやま商店の桜が咲く前コンサートin桜坂劇場」
日程:2011年3月4日(日)
場所:桜坂劇場ホールA
時間:17:00開場 18:00開演
料金:一般(前売り)2500円 (当日)3500円
    中学生以下(前売り)1000円 (当日)2000円
※未就学児無料(席が必要な場合は有料)
※整理番号付・全席自由・要1ドリンクオーダー
発売プレイガイド:ローソンチケット/Lコード:85002、チケットぴあ/Pコード:160-150、
e+(ファミリーマート)/http://eplus.jp/

きいやま商店の“主”、ばあちゃんの話しに花が咲く
お茶目なマスト
フッチャーのフッチャー(長男の長男)リョーサ
ガッチャーのフッチャー(次男の長男)だいちゃん
フッチャーのガッチャー(長男の次男)マスト
色紙を持ってキメポーズ!

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索